マッチングアプリや結婚相談所に登録しても、なかなかいい人と出会えない。

失敗がつづくと、もう恋活・婚活をやめようという気持ちになってしまうと思います。

そんなとき、こんなことを一度、立ち止まって考えてみてください。

恋活・婚活をもうやめたいと思ったら…まず振り返りたい3つのこと

なぜやめたいのか?

やめたらどうするか考えている人は多いですが、やめたい理由まで考えている人は意外と少ないものです。

活動を始めた当初は、どんな出会いがあるのだろうとわくわくしながら、運命の人が見つかるまで頑張ろうと思っていたはず。

それがなぜ、やめたくなってしまったのか。

その原因をしっかり掘り下げて、考えてみてください。

そうしないと、再開と退会の繰り返しになってしまいます。

やめたいと感じたときは、恋活・婚活に対する期待と現実のギャップを洗い出すチャンスになるかもしれません。

このまま一人で生きる?

恋活・婚活を中断するとき、このことを冷静に落ち着いて考えてみてください。

いまの自分は、「疲れたから活動をお休みする」というレベルなのか、「もう一生独身を貫く」という決意するレベルなのか。

もしも一人で生きていくと決めたならば、その覚悟に見合うだけの恋活・婚活をしたのかどうか、しっかり振り返ってみましょう。

疲れたからやめるというレベルの方は、どうすれば疲れないのかを考えてみましょう。

中断している間の時間は二度と戻ってこない

恋活、婚活をしていない期間というのは、二度と戻ってはきません。

後悔しても、お金を払っても、休んでいた時間は取り戻せないのです。

何事も継続は難しく、やめるのは簡単なもの。

中断するかつづけるか判断するためにも、恋愛と向き合う時間が必要ならば、読書や旅を通して一人の時間を作るのもいいでしょう。

それでももう限界だと感じているのであれば、一度にすべてをやめるのではなく、たとえば、1か月は一旦一休みをして再度考えるというように考えるタイミングを決めていきましょう。

恋活・婚活のエネルギー消費は大きい

恋活、婚活はとてもエネルギーを使う活動ですので、あなたの置かれている状況によっては、そのエネルギーを使えないこともあるでしょう。

しかし、上手くいかないからと言って、一時の感情で突然やめてしまうことのないようにしましょう。

自分とも恋愛ともしっかりと向き合って、後悔のない活動をしてください。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)