気になる彼に自分の気持ちをストレートに伝えるのは、なかなか難しいことです。

しかし、アプローチを失敗してしまうと、彼の恋愛対象から外されてしまうかもしれません。

実際に好きな人から脈なし認定されてしまった女性が言われた、彼からの一言をご紹介します。

気になる彼から「脈なし認定」されてしまった女性が言われたこと

「じゃあその人のところに行くといいよ」

「いい雰囲気だし他に彼女はいないはずなのに、はっきり付き合うことにしてくれない彼。嫉妬してほしくて、ほかの男に告白された話をしたら『今すぐ彼氏がほしいならその人と付き合えばいい』と振られました。

彼は仕事が忙しく、今付き合い始めてもうまくいかないと思って様子を見ていたそう。それを信じて待てないならもういいと思われてしまったようです」

恋愛に慎重な男性は、たとえ脈ありだったとしても、「迷ったらやめる」という決断をします。

だからこそ、焦りや嫉妬を利用したアプローチは逆効果を招きやすいのです。

また、試されるのは不快だという人も多いもの。

自分の気持ちがはっきりしているなら、ストレートな行動を心がけましょう。

「無理に誘ってごめんね」

「仕事が忙しくて、デートの誘いを続けてパスしたら振られました。

繁忙期で本当に一か月先しか予定が空いてなかったのですが、知り合ったばかりの彼にはそんなに仕事の予定のつまった女がいるっていうのが想像できなかったみたいで。

週末あいてる?ダメ?じゃあ来週は?というやり取りを何回かしたあと『無理に誘ってごめんね(笑)』って言われちゃいました」

はっきり理由を言って断らないと、男性も「何度誘ってもやんわり断られる=本当は嫌がってる」と思ってしまうかもしれません。

また、たとえ本当のことだとしても、「仕事が忙しくて」というのも、言い訳っぽく聞こえてしまう人もいるようです。

何度も誘いを断らなくてはいけないときは、「繁忙期だから来月だと嬉しい」「平日夜の短時間なら」など、自分から日程を提案するのもいいでしょう。

「目も合わないのって結構ショック」

「目も合わないのって結構ショック」

「恥ずかしくて、彼の目を見れずにいたら嫌われてると思われてしまいました。

なんとも思ってない人のことはまっすぐ見られるけど、好きな人だと顔が赤くなっちゃうから、目を合わせずにいたんですが。

興味ない人からばかりモテるのもコレがいけないんですかね?」

目を合わせるのは恥ずかしくても、気になる彼と話すときは目を見るように意識しましょう。

また、目を合わせなくても、顔や体はきちんと彼の方を向いて、会話をちゃんと楽しめば誤解されないでしょう。

好きな人を見て顔が赤くなるなんて、男性から見れば最高にかわいいはずですよ!

好意は、分かりやすいくらいがちょうどいい

女性と同じく、男性も「脈ありかどうか」を気にする生き物です。

自分の都合や感情を優先して行動していると、好きな人にまで「自分に興味がないのかな」と思われてしまうかも。

好きな人への好意は、ばれるくらいでちょうどいいのかもしれませんね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)