好きな人には自分のことをよく思ってもらいたいですし、「何かしてあげたい」という気持ちがつねにあるものです。

しかし、まだ恋人同士になっていない相手に、これといった理由もないのにプレゼントをあげる場合は、少し慎重になったほうがいいかもしれません。

「重い」「何の意味があるの?」と違和感を与えてしまう可能性もあるためです。

付き合うまでいかない、でも何か贈り物をしたい……というときのコツを見ていきましょう。

どのタイミングで何を?まだ親しくない男性に贈り物をするときのコツ

おみやげとして渡す

一番無難なのは、旅行や出張先のおみやげとしてプレゼントを渡すというシチュエーションです。

これは好きな人との距離感に関係なく、自然に渡せますし、相手もすんなり受け取ってくれるはず。

まずお菓子はとても無難ですが、無難すぎて好意に気づいてもらえない可能性もあるため、注意が必要です。

キーホルダーなどは遠出をしたときのおみやげとしては定番ですが、おしゃれなデザインのものは少ないため、喜んでもらえない可能性もあるでしょう。

ボールペンなど、実生活で使える品は重宝されますが、こちらもデザインには注意したいところ。

最後にラーメンやごはんのおとも、珍味など食品は男性に喜ばれます。ですが調理が必要なものは一人暮らしで自炊の習慣のない男性には、重荷になってしまうかもしれません。

たとえば職場に好きな人がいる場合、みんなにお菓子を買ってきて好きな人にもそれを渡すけれど、お菓子以外にもボールペンや珍味などをいっしょに渡すというのがおすすめです。

イベントごとに便乗する

バレンタインデー、クリスマス、ハロウィンなど、季節のイベントに便乗するなら、いきなりプレゼントをしても男性に不審がられることはありません。

バレンタインやクリスマスは、遠回しに「好き」と伝えられるチャンスでもあるので、利用しない手はないでしょう。

はっきりとした言葉を添えなくても、あげる品物がある程度きちんとしたものだったり、相手の好みに沿ったものだったりすると、自分の本気度を表すことにもなるはずです。

記念日に便乗する

好きな人の誕生日やおめでたい記念日を知っているなら、それに合わせて贈り物をするのもありです。

その場合共通の友人から聞いたていで「○○さんから、今日が誕生日だって聞いたから」と言うと、向こうも受け取りやすいでしょう。

そして相手との距離感がまだ遠い場合は、誕生日プレゼントであっても、あまり高級品は贈らないこと。

相手が好きそうなもの、趣味とするアイテムで「ちょっとしたモノ」が適当かと思います。

もしふたりきりのデートも何度か済ませていて交際まであと一歩という状態なら、高額で本気度が表せる品がいいでしょう。

好きな人が何をもらえば喜ぶのかを考えよう

女性もそうですが、どんなに高価な品でも「別に欲しくないな……」というプレゼントはもらっても扱いに困るだけです。

男性もいっしょで、もらっても活用しづらく、特に好きでもないものは贈られても嬉しくありません。

大切なのは、「好きな人が今、何を欲しがっているか?」ということ。

自分が贈りたいものを一方的に渡しても自己満足でしかありません。

好きな人の言動を日頃からよく観察して、何を求めているかを正しくリサーチすることが重要です。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)