「相思相愛」と聞くと、お互いのことを思い合い、よく理解し合えている……そんな幸せそうなふたりを思い浮かべますよね。

相思相愛なカップルになるには、お互いに愛し合える「相手」を見つけることが大切。

そういった「相手」を見つければ、「相思相愛」になることもそう難しいことではありません。

今回は、相思相愛になれる男性を見極めるコツを伝授いたします!

相思相愛になれる相手を見つけるコツって?

「恋」と「愛」は別物

「相思相愛」になるコツ、それはしっかりと自分のなかで自覚ができていることです。

恋は、つい「自分も愛されたい」「脈アリの反応が欲しい」など、相手の見返りを求めてしまうもの。

愛は、見返りを求めず、純粋に、そして冷静に、相手のためになにかをしてあげたいと思う気持ちです。

彼にしようとしていること、したこと。

また、相手がしてくれたこと、しようとしていること。

これが、「恋」なのか「愛」なのかを見分ける意識を持つことが大切。

もしもその多くが「恋」であるならば、もっと彼との関係を深めていく必要があります。

そうすれば、自分の正確な気持ちや、相手が本当に大切にしているものを見分けることができるでしょう。

恋にも速度と車間距離があります

一見何のことか?と思うでしょう。

車の安全運転は、「スピード」と「車間距離」が大切ですが、じつは恋愛にも同じことが言えるのです。

恋愛においても、「好きだから!」で急ぎすぎたり、急に相手との距離を縮めたりするのは、大事故のもと。

本当はお互いをよく知らないのに、恋の雰囲気だけで行動してしまうと、結局傷ついてしまう結果になることも……。

ゆっくりあせらず。

「ちょっと違うかも」と思ったら、安全に一時停止ができる距離を保ちましょう。

相手をどれだけ知ったかによって、距離を近づけていくなら安全な恋ができるはずです。

いろんな角度で相手を知ることもできるので、しっかりお互いを理解し合えるカップルになれるでしょう。

自分の「譲れないライン」をもつ!

恋をすると、「このチャンスを逃しちゃいけない!」なんて舞い上がってしまいがち。そしてついつい、相手の意思にばかり沿ってしまう、なんてこともあるかもしれません。

でも、相手の雰囲気や顔色を気にしすぎると、客観的な判断ができず、相思相愛カップルへの道から、どんどん外れてしまうことも……。

最悪の場合、相手の都合の良い相手になってしまう可能性も……。

「この人とは、まだここまで!」や、「今日は誘われても断って帰る!」など、譲れないラインは、きちんと決めておきましょう。

そうすることで、一旦冷静になって、相手が、本当に自分のことを考えて行動してくれる人なのかを、正確に見極めることができるでしょう。

時には第三者の目線を

付き合いたてのカップルは、つい「ふたりだけ」の世界で恋を進めてしまいがちです。

でも、「ふたりだけの世界」では、視野が狭くなり、本当の気持ち、本当の信頼関係が見えないことも。

ときには、気になる彼以外の、信頼できる友人や家族と一緒に時間を過ごしてみてください。

きっと、彼がどんな人で、自分たちがどう見えるか、客観的な意見をくれるでしょう。

今までふたりだけでは見えなかった良いところや、改善点も見えてくるはずです。

「相思相愛」に近道はない

ときめく気持ちやインスピレーションも大切ですが、本当の「相思相愛」には、客観的な意見や冷静さを交えた視点も必要です。

ときには自分を律することが必要だったり、彼のことをゆっくりちゃんと知る、ということが大事です。

ついつい「好き」だけの気持ちで突っ走ることなく、一歩立ち止まったり、いつもとは違う過ごし方をしたりしてみましょう。

そうすることで、より彼のことや自分への気持ちを再確認でき、相思相愛になれる相手かどうかをチェックできると思いますよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)