よく、彼氏ができないという女性の部屋の写真を見せてもらうと、片付いていない場合が多いです。

逆に、部屋が綺麗な女性は、比較的彼氏ができるのが早い傾向にあります。

そこで今回は、「片付けられない女性=モテない女性の特徴」についてご紹介します。

「部屋を片付けられない女性=モテない女性」の特徴とは

モノを捨てられない

捨てればいいのに、「まだ使える」「気に入っている」「高かった」など捨てない言い訳を並べてモノに執着して捨てないことがしばしば。

汚い部屋の女性は服が多いことも。

でもあなたの体はひとつですよね。

一人の女性が持つ適量という概念がなく、モノ中心。

持ち主が快適に暮らせない量ならそれは不要な服なのではないでしょうか。

モノで解決しようとする

パワーストーンのブレスレット、縁結び神社のお守り、アロマ、ハーブティー、自己啓発本など……。

世のなかには、「恋愛運をあげる」「リラックス効果がある」「元気が出る」という効果をうたう商品がたくさんあります。

モテグッズやストレス解消グッズを買って集めてゴミ屋敷になり、さらにストレスをためてまた癒やし効果があるグッズを買って解決しようとするのです。

たいてい片付け本もお持ちです。

汚い部屋で片付け本を読む時間があるならその時間で捨てていく方が部屋が片付くのに。

捨てどきに気づけない

汚い部屋に暮らす女性はモノの捨てときに気が付けないことが多いです。

ある女性は部屋を片付けてからストッキングの伝線に気付きやすくなったとか。

別の女性は服の毛玉に気が付くようになったそうです。

ゴミに囲まれていると劣化に気付きにくいのです。

毛玉やストッキングの伝線にさえ気が付けないだらしなさは、会う人に伝わっています。

実家暮らしでモノが溜まる

片付けられない=実家暮らしではないのですが、実家暮らしの女性で部屋が片付いている方は少ないです。

学習机が未だにあったり、お母さんの嫁入り道具らしい古い鏡台があったり。

なかには照明器具に延長紐が付いたままの方もいました。

子ども部屋から変わっていないのです。

自分を大人の女性として扱いましょう。

彼氏を呼べる部屋を目指して

彼氏が欲しいならまず彼氏が呼べる部屋にしましょう。

男性はたいてい女性の部屋は自分の部屋より片付いていると思っています。

(菊乃/ライター)

(愛カツ編集部)