付き合う男性の性格によって、どんな恋愛になるかは大きく変わりますよね。

ときには問題のある男性と交際して、深く傷ついてしまうことも……。

本記事では付き合うと不幸になる「ダメ男」の特徴を4つご紹介していきます。

ぜひ交際する前に当てはまるかチェックして、素敵な相手を選ぶ参考にしてみてくださいね。

断ってよし!付き合うと不幸になる「ダメ男」の特徴

だらしなくて自己管理できない

掃除ができない・仕事をサボる・時間に遅れるなど、自己管理できない男性は彼女を大切にすることもできません。

男性本人からすると「他人に迷惑をかけていないからOK」「自分の問題だから口出しされたくない」といった心理。

たしかにこの思考は正論ですし、間違っていません。

ですが、やはり日ごろからの積み重ねが他人への対応にも影響します。

他人と接するときだけ急にマインドが変わる、とは考えにくいですよね。

また、だらしなくて自己管理のできない男性は、きちっとすることに強いストレスを感じるみたい。

交際後に「ちゃんとして」「もっと頑張ってよ」と指摘しすぎると、関係性がくずれる原因になります。

そのため、なるべく早い段階で見抜いて、じっくり交際するか考えることが大切です。

人の話をちゃんと聞いていない

人の話をちゃんと聞かないのは、他人に興味がないから。

相手の目線に立って考えることが少なく、「自分がどう感じるか」を優先しているのかもしれません。

そして他人に興味が持てないと、自然と自分の話が増えます。何度も同じ話をしたり質問したりすることも増えるでしょう。

一見カリスマ性のある男性ほど、意外と共感性が低いことが多いので、注意深く観察しましょう。

また、複数の女性と同時進行していると、記憶がゴチャゴチャになって覚えていられなくなります。

「たしか〇〇だったよね?」と身に覚えのない話題を振られたとしたら、ほかの女性と間違えている可能性もあるでしょう。

浮気の前兆かもしれませんよ。

お酒を飲むと言動が変わる

お酒を飲むと言動が変わる

「お酒は人を変える」と言いますが逆かもしれません。

アルコールで理性がなくなり、本来の男性に戻るのです。

「女癖が悪くなる」「気性が荒くなる」などは、浮気やDV・モラハラの予兆なので要注意。

また、理性がなくなるほどお酒を飲む男性は、アルコールに依存している傾向もあります。

「もう飲まない」と約束しては、ストレスがたまるとお酒を飲んでしまう……。

そんな悪循環を抱えやすいので、はじめは楽観的に考えていても時間が経ってから後悔するかもしれませんよ。

結婚を考えている場合は、とくに重要なチェックポイントと言えます。

我慢ができない

すぐに下心を出したり、とつぜんキレたり、努力を避けて結果を出せなかったり。

衝動的に湧き上がる欲求を我慢できないと、さまざまな面でマイナスな結果が増えます。

理性が働きすぎると心が病む原因にもなるため、一概に我慢が良いとは言えません。

しかし、理性がないと自分優先の行動が多くなります。

その結果ルールを守らず、他人へしわ寄せが集まっていくのです。

理性は、とつぜん身についたりしないもの。

長年の経験が積み重なり、その人柄が作られたため、「いつか変わるかも」と期待しない方が良いでしょう。

辛くなる前に離れて!

相手が「ダメ男」だとしても、交際を続ければ情が湧いて離れにくくなってしまいます。

そのため、付き合う前や交際初期にチェックして、辛くなる前に距離を置きましょう。

優しい誠実な女性ほど、「ダメ男」の言動を許して受け入れてしまいがちです。

違和感が湧き上がったときには無理せず、自分の感覚に素直になってくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)

●苦労するかも!付き合うと冷たくなる「ダメ男」の共通点4つ