血液型別に性格の傾向ってありますよね。

そうなると、相性の良くない血液型の組み合わせもあるはず。

そこで今回は、血液型別に相性の悪い男女の組み合わせとその対処法をお教えします。

男女の血液型別・「恋愛相性の悪いカップル」3選

1.A型の男性×A型の女性

A型の特徴として、物事を情緒的に考え、周囲との和を大切にする傾向にあります。

そのためA型同士で意見がぶつかっても、我慢強く穏やかなふたりですから、言い争いになることはまずありません。

しかし、我慢をするのにはストレスがかかります。

ストレスが爆発してしまうと、相性の悪さを感じてしまう場合も。

そんなふたりにとって大切なのは、何でも言い合える親しい関係作りを意識すること。

我慢強さは吉と出ることも、凶と出ることもあります。

せっかくお付き合いをするのだから、ふたりの間では我慢しすぎないようにしてくださいね。

2.B型男性×O型女性

B型とO型は、ともに頑固な傾向にあります。

同じ「頑固」とは言えど、B型は自分の意見に執着し、O型は自分の意見をはぐらかすのが特徴です。

そのため、どこまで両者が歩み寄れるかがお付き合いをする上で大事なポイントとなるでしょう。

歩み寄るコツは、お互いに両者の気質を冷静に理解し、大人の付き合いを心がけること。

また、B型男性には「自分の意見を認めてほしい」という欲求があります。

O型女性がそれを受け止められるどうか……これも、お付き合いがスムーズに進むかに関わってくるでしょう。

3.A型男性×AB型女性

3、A型男性×AB型女性

AB型は突然自分の意見をコロッと変えてしまう傾向にあります。

そんなAB型の気質は、A型にとっては危なっかしいもので、つい献身的に面倒をみてしまいます。

初めのうちはいいかもしれませんが、AB型のあまりの気ままさに、A型も徐々にストレスを抱えていくでしょう。

そんなとき、A型にオススメしたいのは、AB型を猫のように自由にさせてあげること。

きっと、AB型にもストレスはかかりませんし、A型は自由にさせてくれるAB型に対して居心地の良さを感じるはず。

ただし、AB型はA型をあまり心配させないよう、愛情をきちんとと示してあげてください。

そうすれば、A型も満足できるでしょう。

相性の悪さを乗り越えて

人間同士、どうしても相性はあるもの。

これらの付き合い方を参考に、お互いが居心地よく感じる関係作りを意識してみてはいかがでしょうか。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)