別れ方にもよりますが、やっぱり元カレって良い意味でも悪い意味でも忘れられない存在ですよね。

近いコミュニティに属していたりすると会いたくなくても会ってしまったり、友達関係で繋がりがあるとなにかの切っ掛けでふと再会してしまうときがあったり……。

「やっぱり元カレと復縁したい!」と思うこともあるかもしれません。

そこで今回は、元カレを「デートに誘う」方法をご紹介します。

復縁のチャンスかも?元カレを「デートに誘う」方法

「話したいことがある」と理由を付ける

別れてからも良い関係性だったり、友達付き合いがある場合だったりしたら、誘いやすいかもしれません。

「ちょっと話したいことがあるんだよね」「相談したいことがあるんだけど……」と言って2人でご飯に行く機会を作るのもわりと自然な流れでしょう。

むしろ、そう伝えてみて「え?なに?どうしたの?」「大丈夫?」といった対応だったら、少し脈があるかもしれませんよ。

しかし、友達として心配したり気にしてくれたりする可能性もあるので、見極めも大切です。

素直に誘う

1度付き合って、別れも経験している仲だからこそ、なにかを伝えるときはストレートに言うのが1番です。

付き合いの深さにもよりますが、お互いの好きなところ、嫌なところ、それぞれがわかっているので、遠回しに伝えたり、回りくどい誘い方をすると逆に「どうしたの?」「なにかあるの?」と不審がられる可能性も。

「久々に一緒に飲みに行こうよ!」「来週ご飯でもどう?」など、気軽にお誘いしてみましょう。

彼の好きな映画やライブに誘う

彼の好きな映画やライブに誘う

理由なく飲みやご飯に誘うことに抵抗がある場合は、彼の好きな映画、好きなバンドのライブなどを理由にお誘いするのがいいでしょう。

「今度〇〇の再上映があるんだって!一緒に行かない?」と、気軽な感じで誘ってみてください。

あと、ちょっとベタですが「友達が行けなくなっちゃって、チケットが1枚余っちゃって……」という誘い方も、ちょっとあざとさが見えますが、元カレだからこそ効く誘い方かもしれません!

2人の楽しかった記憶が蘇って、復縁に繋がる可能性もありますよ。

素直さが重要

浮気をされたり、価値観の違いでケンカ別れしたりした場合は、トキメキすら忘れてしまっている場合があります。

しかし、生活環境の違いから自然消滅になってしまったり、お互いの忙しさから一旦距離を置こうといった別れ方の場合は、元カレとはいえ、忘れられない存在だったりしますよね。

元カレに対して、変に駆け引きをしてみたり、気持ちで読み取ってよ!というような曖昧な誘い方は、困惑させてしまう原因となってしまいます。

素直に気持ちを伝えてみると、うまくいくかもしれないですよ。

(愛カツ編集部)