好きなタイプを聞かれたら

あざといと呼ばれる行動や仕草には、男性によっては効果的な反面、女性やある一定数の男性から反感を持たれてしまう場合があります。

しかし、同じあざといでも、「あざとかわいい」と思われる女性もいますよね。

あざとくて嫌われてしまう、いわゆる「したたか」な女性と、あざといけれど同性からも可愛らしいと思われる女性には、決定的な違いがあるようです。

そこで今回は、あざとくて嫌われてしまう「したたか」女性と、あざとくても嫌われない「あざとかわいい」女性の違いをご紹介します。

「モテるあざとさ」と「嫌われるあざとさ」の違いって?

男性の前では別人モード

男性の前でだけ、態度が変わってしまうというタイプの女性もいるもの。

たとえば、女性同士で話しているときはハキハキものを言うのに、男性の前では甘えた声でスキンシップを図ったり、本当は平気で虫を退治できるのに、男性の前では「キャー!」と騒いで逃げ惑ったりするような感じ。

男性の前でだけ態度を変えるような計算高さは、「したたか」だと思われやすく、

洞察力が高い男性や同性から反感を買ってしまう恐れがあります。

気になる男性が「あの子ってどんな性格?」と周りの女性に話を聞いても、「おすすめしないよ」と冷たい対応をされてしまう場合も。

異性や同性の前でも、いつもと変わらない素直さが「あざとかわいい」と思われるポイントの一つですよ。

タイプの男性にだけロックオン

自分がタイプの男性にだけ、明らかに特別な行動を取っていると、同性から嫌われる「したたか」女性になってしまいます。

とくに「〇〇さんはかっこいいですね」といった感じで、ボディタッチ多めのコミュニケーションを取る、

タイプではない男性には塩対応でそっけない、など極端な態度を見せていると、周囲から嫌われてしまう傾向が。

でも、誰に対してでも平等に接するだけでは、気になる男性にアピールできませんよね。

そういった場合は、女性陣の目が届かないところでアピールする方法もアリ。

男性と1対1なら同性から「したたか」と、思われることもないでしょう。

わざとらしすぎる言動やアクション

わざとらしすぎる言動やアクション

いわゆるぶりっ子と呼ばれる仕草をする女性に対して、男性の好き嫌いは2つに分かれることがいえるでしょう。

たとえば、女性の兄妹がいない男性は「そういう子好き!」となることが多いですが、姉や妹がいる男性は女性の本性を知っているため「あざとさが無理」となることが少なくありません。

とくに同性にはウケが悪いので、要注意。

「じつは、甘えん坊なところもある」くらいの程度に留めて、普段とのギャップをアピールするくらいにしておきましょう。

自分以外の女性にマウントをとる

周りの女性を蹴落とすような行為は、同性から冷たい視線を送られてしまいます。

たとえば、飲み会で同性の先輩がツッコミを入れてきたときに「〇〇さん、怖いです」といって弱い女性アピールをしたり、

同性の友達に対して「彼女、ビールしか飲まないの。かっこいいよね~」といって、マウンティングを行ったりするような感じ。

見ている男性もこういった行為に関して、「他人の不利益になるようなこと、平気で言っちゃうんだな」と引いている危険性があります。

同性のみならず、男性からの印象もよくない傾向が。

もし恋人ができても、誰も応援してくれなくなってしまうので、派手なマウントは控えたほうがいいでしょう。

あざとかわいいを上手に取り入れて

本音や本性を隠して無理に好かれる必要はありませんが、他人に好かれる努力をすることは悪いことではありません。

男性だけに好印象を与えることができればいいと思っていても、男性こそしっかりチェックしているもの。

どうせなら、異性にも同性にも好かれるような「あざとかわいさ」を身につけて、普段の振る舞いが「したたか」になっていないか心がけてみてくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)