「男性に興味を持ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?」という相談をお受けすることがあります。

そもそも人が誰かに興味を持つのは、その人のことを「もっと知りたい」と思うからです。

だからこそ誰かに興味を持ってもらいたいなら、「もっと知りたい」と思ってもらうことが大切なのです。

そこで今回は、男性に「『この子のこともっと知りたい』と思った瞬間はいつですか?」とアンケート調査をしました。

これからその回答ととともに、回答した理由について分析・解説します。

男性が「もっと知りたい」と興味を持つ女性の特徴とは?

夢中になれる目標や趣味がある

「休憩中いつもニコニコしてスマホを見ているので、『なにしてるんだろう』と気になります。
何がそんなに楽しいのか、聞いてみたいですね」(35歳男性/営業)

「週末になるにつれてみんなは元気がなくなっていくのに、なぜか元気になっていく職場の女性がいました。思い切って『なにがあるの?』と聞いてみたら、『週末は好きなゲームのイベントがある』と。

プライベートでそんなに夢中になれる趣味があるって、うらやましい……」(31歳男性/銀行員)

好きなものに夢中になっている姿や楽しそうな姿を見ると、「あの子はなにがそんなに楽しいんだろう」と男性の興味をかき立てます。

一緒にいると楽しい気持ちをおすそ分けしてもらえるような気持ちになるのかもしれませんね。

どんな趣味にせよ、なにかに夢中になって打ち込んでいる人は、生き生きとして魅力的にみえるもの。

イキイキしている人には自然と人が集まってきます。

誰かに興味を持ってもらえる女性になりたいなら、まずは自分が夢中になれるものを見つけてみては。

仕事とは別に自分の世界がある

「職場の女性が、モデルをやってると聞いたんです。職場では全然そんな風に見えなかったから驚きました。

『この子は自分の世界を広く持ってるんだな』と思うと、彼女のことをもっと知りたくなりました」(30歳男性/不動産)

自分が知っている彼女の世界がほんの一部で、もっと広かった、と知ると、男性は相手のことをもっと知りたくなるようです。

そうはいっても社会人になってからは職場と家の往復で、それ以外の世界がない……という人もいるかもしれません。

そんなときは、新しい趣味や習い事をはじめると「自分の世界」を広げられます。

グループレッスンのある習い事では共通の趣味を持つ人が集まるため、さらに世界が広がる可能性がありますよ。

ギャップがある

「後輩の女性が大人しくて小さな動物みたいなキャラなのに、じつは柔道の黒帯と聞いて急に興味がわきました」(30歳男性/商社営業)

「普段サバサバしていて仕事もバリバリこなせる会社の同僚。ふとデスクを見ると持っている小物がレースやピンクでかわいくて気になったのがきっかけでした。

それが今の彼女です。家はさらにファンシーで二度びっくりしました(笑)」(32歳男性/IT)

いわゆる「ギャップ萌え」ですね。

普段の見た目やキャラに合わないから、と封印しているものがあるなら、タイミングをみて少し出してみてもいいかもしれません。

もしいきなり二面性を出して引かれたら……と不安があるなら、少しずつやってみましょう。

普段のイメージとまったく異なるからこそ、ギャップが生じてモテにつながるのです。恥ずかしがらなくて大丈夫。

自分が楽しめるものを見つけよう

誰かに興味を持ってもらうには、その人の興味を誘う話題や行動を探すよりも、自分自身を素直に表現したり趣味を心から楽しんだりすることが大切なようですね。

今、夢中になれる楽しみがある人は、存分に楽しんで。

それがあなたを生き生きとさせ、人から注目されるきっかけになります。

もし現在は夢中になれるものがなければ、自分の好きなものを見つけるところからはじめましょう。

日常に楽しみができるうえ、好きな人からも注目されるなんて、一石二鳥ですよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)