男性のなかには、女性に慣れていない人も多いもの。

シャイだったり奥手だったりして、自分から声をかけられないと悩む男性もいるでしょう。

そんな相手に対して、どういう誘い方をすればOKがもらえるのでしょうか?

そこで今回は、シャイな男性を上手にデートに誘うコツについてご紹介します。

すぐ実践しよう!「シャイな男性」をデートに誘う方法4つ

1.「お礼がしたいから」と誘う

「遊ぼう」や「どこか行こう」のような誘い方だと、漠然としていて、彼としてはOKを出しにくいかも。

家を出る動機として、弱く感じてしまうのです。

行き先を明確にするのもいいですが、内なる衝動を掻き立てるために、「お礼をさせて」というフレーズが有効でしょう。

感謝されるのは気分のいいことだし、お願いされると嫌とも言いにくいからです。

「たいしたことじゃないよ」なんて言いながらも、こころよくOKを出してくれるはず。

まずは、彼にお礼をする口実を見つけてみましょう!

2.「教えてほしい」を口実に誘う

シャイな男性は、自分に自信が持てずにいます。

そのため、普通に誘っても「自分なんかどうせすぐに飽きられる」と思ってしまい、なかなかOKをくれないのです。

そんな彼のハートをつかむには、「相手を持ち上げる」のが有効。ただ、過度な持ち上げは逆効果なので注意してくださいね。

オススメなのは、「教えてほしい」というフレーズを使うこと。

彼が持っている技術や知識に対して敬意を表し、力になってほしいとお願いしてみましょう。

たとえば、「○○君に、これを教えてほしいから一緒に行ってくれない?」といった流れで、デートに誘ってみて。

あなたに必要とされていることが伝われば、きっと彼も自信がついて、恋に前向きになってくれるはず!

3.「悩みを相談したいから」と誘う

3、「悩みを相談したいから」と誘う

シャイな男性は、真面目な人が多いもの。

もし、困った人が目の前にいたら、放ってはおけないでしょう。

ただ、勇気がないので、自分から手は差し伸べにくい……というのが本音です。

ならば、「悩んでいる」と打ち明けて、手を差し伸べやすい状況を作り出せばよいのです。

あなたの方から「相談にのってほしい」と頼めば、優しい彼は断ったりはしないでしょう。

何もできないけど話を聞くことぐらいは……という心境になるはずです。

ささいなことでいいので、彼に打ち明けて、頼ってみてください。

4.「最近遊んでなくて…」とぼやく

シャイな男性に声をかけるのに、「同情を誘う」というのもひとつのポイント。

かわいそうだな……と思わせることが、彼からデートのOKをもらうコツなのです。

「最近まったく遊んでない」と、軽く不満を漏らしてみてください。

ストレスが溜まっている雰囲気をかもし出しましょう。

そのうえで、「今度どこか行こう」と誘えば、OKも出やすいでしょう。

もしくは、彼の方から「じゃあ映画でも見に行く?」と誘ってくれるパターンもあるかもしれませんよ!

あきらめずに粘って!

シャイな男性は、真面目で誠実であることが多いです。

しかし、それだけにアプローチも難しいところ。

1度や2度断わられても、あきらめずに粘って、チャンスをものにしてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)