女性のセクシーさは、魅力的な見た目と露出な多い服装で演出されると思っていませんか?

じつは、男性が思うセクシーさに露出はあまり関係ないようです。

今回は、本当にセクシーな女性になるためのポイントをご紹介します。

人を惹きつける…本当にセクシーな女性になるためのポイント

露出は控えめな方がベター

露出が多い服装の方がセクシーだと考える女性は多いですが、これは大きな勘違いです。

男性がセクシーだと感じる女性は、露出は控えめで「抜け感」があります。

七分袖のブラウスから除く細い手首や、きれいに手入れされた指先、髪をまとめた時のうなじの白さや後れ毛、きれいな鎖骨などにドキッとするようです。

髪型から足元まで、美容に気を使って、露出控えめなセクシーさを目指しましょう。

上品さも必須条件

上品さとセクシーは、関係ないように思えるかもしれません。

しかし、男性は品のないしぐさや服装にセクシーさを感じないもの。

潤いある肌の質や艶のある髪、派手すぎないメイク、清潔感のある服装などでも、セクシーな魅力をまとえます。

ただ、内面が豊かでないと上品な雰囲気は漂いません。

やさしさや思いやりなど、精神的な余裕が現れて、品のあるセクシーさが生まれるのです。

気配り上手な女性は魅力的

気配り上手なことも、セクシーさのひとつでしょう。

ちょっと控えめで、でもさりげなく人を気遣える女性は、誰からも好かれやすい存在です。

そんなところに、男性も大人の女性の色気を感じてセクシーだと思うようです。

アンニュイな雰囲気って何?

アンニュイとは、少し気だるい雰囲気のこと。

決して、だらしないこととは違うので、気を付けましょう。

アンニュイな雰囲気を出すためには、それらを意識したしぐさが大切です。

たとえばスマホやコーヒーカップを持つ手のしぐさ、足を組んだ時などでアンニュイな雰囲気を作れます。

美しい気だるさが、男性にはセクシーに映ります。

話し方はゆっくり

早口だと、どうしてもせっかちな印象になってしまいます。

逆にゆっくり言葉を選んで丁寧にしゃべる女性に、男性はセクシーさを感じます。

甲高い声でしゃべると子どもっぽい感じを与えてしまうでしょう。

少し声のトーンを落とし、大人の女性らしい落ち着いた話し方を身につけて、セクシーな女性を目指しましょう。

TPOに合わせてセクシーさを演出して

セクシーさを感じる基準は人それぞれです。

もしかしたら、セクシーさが足りないかもと悩む女性は、鏡の前で自分のしぐさを研究してみるのもいいかもしれません。

ただ、一生懸命取り組まなきゃいけないときに、気だるい雰囲気を出してしまうのは場違いです。

TPOに合わせてほどよく演出してみましょう。

(愛カツ編集部)