女性が「ルックスのいい男性が恋愛対象で、頼もしさや責任感がある男性を結婚対象」などと条件付けをするように、男性には男性なりの「結婚相手への条件」があるみたいです。

もし、お付き合いしている彼から結婚の話が出ないなら、あなたのことを結婚対象と捉えていない可能性もあるかもしれません。

どうしたら恋愛対象から結婚対象の女性になれるのでしょう。

今回はその解決策を探るべく、男性が「前向きに結婚を考えられない」と感じる女性の特徴をまとめてみました。

内面に問題アリ? 男性が「前向きに結婚を考えられない」と感じる女性の3つの特徴

何を考えているのかが分からない

自分の考えをあまり言わない人もいるでしょう。

付き合いが長くなってくると、お互いの関係が、なあなあになってしまい、口数が少なくなってしまいがち。

長く付き合うことで、お互いのことを知り尽くしてしまい、連絡を取り合う頻度が落ち着いてくることが原因かもしれません。

しかし、そういった時期に気を付けたいのが、相手に対する感謝や謝罪の言葉でしょう。

伝えるべき言葉まで伝えなくなってしまうと、ふたりの関係は一気に冷え込んでしまう可能性が高いです。

結婚するからには、明るく楽しい家庭を築きたいのは誰しもが願うことでしょう。

楽しい付き合いをすることで、結婚後も楽しい生活がイメージできるものです。

何かに没頭することも大事ですが、隙を見つけて恋人との時間も優先してあげましょう。

プライドが高く性格に難がある

いくら美人でも性格に難があると、「結婚対象としてはちょっと……」という男性は少なくないみたい。

結婚は一緒にいて苦楽を共にできる相手でなければ難しいものでしょう。

いつも自分の主張だけ押し通して、こっちの意見はお構いなしでは彼は困ってしまうはず。

「私は大丈夫」と感じるあなたも、付き合っている彼が草食系だと、いつのまにか、あれこれと口出ししてしまう「面倒な女性」になっているかもしれません。

どんなに大人しい草食系の男性でも、案外プライドは高いみたいです。

まずは彼の意見を尊重し、彼の素敵なところに目を配ってあげられる女性を目指してみましょう。

そうすることで、彼もあなたの関係に居心地の良さを感じ、結婚にも前向きに考えるようになってくれるはず。

ワガママで子供っぽい

ワガママで子供っぽい

付き合ったばかりの頃は気分が高揚しており、浮かれた発言をしてしまうことも多いでしょう。

時間が経つごとに、落ち着いた関係にシフト出来ればいいですが、つい彼に甘えてしまうこともあるはずです。

何でも言い合える恋人ほど、次第に相手への遠慮がなくなってしまい、身勝手かつワガママになってしまうこともあるでしょう。

あまりにワガママが過ぎると、彼はあなたに手間のかかる印象を抱いてしまい、「可愛い」とは思えても結婚は考えづらくなるかもしれません。

結婚はお互いがお互いを幸せにしてあげられる関係でなければ上手くいかないはず。

ワガママは少し抑えて、少しずつ彼との関係を現実的に考えていきましょう。

彼との関係を上手に発展させて!

こうして振り返ってみると、彼が「前向きに結婚を考えられない」と感じる理由も分かるはず。

せっかく付き合っているのですから、結婚を目指して、彼との関係を上手に進展させてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)