彼と幸せなひとときを過ごしたあと、ついつい彼に「さっきまで会っていたのに、もう寂しいよ〜」だなんてLINEやメールを送っていませんか?

女性からすると、愛情表現のつもりで送るメッセージですよね。

でもじつは男性心理的に、デートで別れた直後の「寂しい」といった、ネガティブワードはクレーム同然。

「え!今回のデートじゃ、不満だったの?」と感じてしまうのだそうです。

そこで今回は、デート後に送ると彼が喜ぶLINEフレーズをご紹介します。

胸キュン♡デート後に送ると彼が喜ぶLINEフレーズって?

「今日はありがとう!」

「ありがとう」と言われて嬉しくない人はいません。

定番ですが、「彼にしてもらったことに対してお礼を言うこと」はなによりも大切なことです。

言葉にしなければ、彼自身、あなたが喜んだのか、そうでないのか実感が湧きません。

彼の次回へのモチベーションに繋がることなので、具体的にきちんと彼をねぎらいましょう。

「楽しくて、あっという間だった!」

ただ「あっという間だった」という言葉のみを使用すると、ネガティブなワードになってしまいます。

ですが、最初に「楽しくて」を付けることによって、「デート時間が短い」「ものたりない」ではなく、「デートが楽しかったから」という確実にポジティブな表現で誤解なく伝えることができます。

あなたが楽しかったことがわかれば、彼もまたあなたを誘ってくれるでしょう。

「まだ一緒にいたかったな(笑)」

「まだ一緒にいたかったな(笑)」

バイバイしたけど、「本当はあなたと一緒にいたかった」ということが伝われば、彼もあなたをかわいいと思うこと間違いなし。

「寂しい」「帰りたくなかった」だけだと不満のようにも感じるので、語尾に(笑)をつけるといいでしょう。

重くならず、かわいさが表現できますよ。

電話で言うのもいいかもしれないですね。

「大好き♡」

最強ワード「大好き」です。

「大好きだよ」と改めてきちんと伝えることで、「今回のデートで、より自分の評価が上がったんだ!」と彼は大喜びしてくれます。

なかなか恥ずかしくて直接面と向かって言えない言葉でも、こういうタイミングなら伝えることができますよね。

積極的に送ってみましょう。

ポジティブなメッセージを送って

いつまでも褒められ、尊敬されていたいというのが男性心理。

デートでの余韻が残っているうちにポジティブなメールやLINEを送ることで、彼はあなたを幸せにできるという確信を持つことでしょう。

そうなればきっとプロポーズもすぐそこ。

頑張りましょう!

(星井一乃/ライター)

(愛カツ編集部)