LINEは便利なコミュニケーションツールです。

気になる彼とLINEができたら嬉しいですよね。

しかし、使い方を間違えると彼から嫌われてしまう恐れが……。

そこで今回は、気になる彼に「送ってはいけないLINE」をご紹介します。

絶対にNG!気になる彼に「送ってはいけないLINE」

返信を催促する「追撃メッセージ」

これは女性に限らない話ですが、人によっては既読スルーされているにも関わらず、さらに一言二言と追撃のLINEを送る場合があります。

返信をしていない人に対して、必死になっても虚しいだけです。

男性の場合、そもそも好意的に思っている相手からのLINEなら、どんな内容であれ返事をしようと試みます。

何度もLINEをして返事がないという場合には、少なくとも現段階では相手から特別な存在だとは認識されていないと考えてもいいでしょう。

そんな状況なのにLINEでメッセージを連発しても、怖がらせるだけです。

返信がなくて不安な気持ちはわかりますが、待つことも大事ですよ。

内容のないメッセージ

LINEにまつわる恋愛相談で、1番多いのが「相手に既読スルーされちゃう」というもの。

既読スルーされるということは、相手は返信をする気がしないということです。

つまり、相手にとって「なんだよこの無意味なLINE」と思えるような連絡をしている側に原因があるということですね。

具体的には意味のない日記めいた自己完結の報告やら、「今○○してるよ」という連絡、写真などが既読スルーを招きやすくなっています。

男性によっては、こういう連絡でいちいち通知が来るだけでもイラッとしてしまうことも多いので、あんまり反応が良くないと考えられる話題は、そもそも持ちかけない方がいいでしょう。

しつこくメッセージを送る

しつこくメッセージを送る

僕は思うのですが、そこそこ奥手な男性でも、気に入った女性にはLINEのIDを聞こうとするものなんですよね。

裏を返せば、職場関係のしがらみ以外で女性のLINEと繋がること自体が、ある程度相手を異性として意識しているということが、結構多いはずなんです。

この場合は、わざわざ女性からLINEをしなくても、男性の方からLINEが送られてくるでしょう。

そういう状況だから、基本的には女性はそもそも男性にLINEを仕掛ける必要も、そんなにないように思えます。

もちろんアプローチは必要ですが、それは現実の世界での話。LINEはネットコミュニケーションのためのツールであって、そこでまでわざわざ女性が男性にアプローチをする必要は、そんなにないように感じるんですよね。

男性は狙っている女性には積極的にLINEします。

LINEは受信専用ツールぐらいに割り切って、そもそも男性に連絡するためには使わないという考え方でも良いのではないでしょうか?

LINEを上手に使って

LINEはあくまでコミュニケーションツールです。

上手に活用していきましょう。

(松本ミゾレ/ライター)

(愛カツ編集部)