はっきり言って脈なしだけど、優しい彼に恋している。

距離を置かれることもないから、叶わないとはわかっていても離れられない。

よくあるケースですが、そのままズルズル好きでいるのは危険かも。

そこで今回は、片思いの優しい彼に見切りをつけたほうがいい理由をご紹介します。

片思いの優しい彼に見切りをつけたほうがいい理由って?

あなたの優しさにつけ込んでいるかも

そもそも片思いがばれている時点で、友人として付き合えないでしょう。

恋と知られている友情のふり、という複雑な関係です。

多くの男性は、あなたが全くの恋愛対象外なら、これ以上好きになられても困るため優しくしないでしょう。

もしくは、恋愛対象には入っているが一人に絞るほどではないため付き合わないなど……。

と、なっているので、今回のケースは彼の優しさがあるので、恋愛対象内。

ですが、もともとの性格を考えれば優しい人と思われたいだけかもしれません。

これが悪い男性になると、「なんか都合よく使えるかな。セカンドとか」と考えていることがあります。

恋の感情があると、相手の行動や相手の性格をいいほうに解釈してしまいますよね。

優しいから断らない……ではなく人当たりがソフトなだけのずるい男かもしれません。

話し方が優しいだけかも

話し方が優しいだけかも

こういう男性の本当の性格は?

ソフトで優しい話し方の人だと、どうしても「性格が優しい」と思いがちですが、それは恋ゆえの美化なので、特段優しいわけではありません。

多くの場合男性は、興味のない女性でも、自分のことが好きで慕ってくれているとはっきり断れません。

その存在自体がもったいなくてスッパリ切れないのです。

モテる男性なら候補の女性がたくさんいるのですぐに切ってしまいますが、普通の男性からすればこのような女性は貴重です。

好かれていることは、とても快感なので「ずっと好きでいてくれたらいいな」とは思っていますが、ただそれだけのこと。

付き合うには至りません。

断らないことで、女性にいつまでも片思いさせてしまう。

無駄な時間を過ごさせたら申し訳ないと思うのが普通です。

本当に優しいのなら、自分を好きでいてくれるありがたい存在を悲しませないために付き合ってくれるのでは?

そこまでいかなくても「他の男を探して」と断るはず。

結局自分のことしか考えていない男性でしょう。

優しさの本当の意味を知って

まずは優しい彼の理由を知ること。

好意のない相手に優しいのは嫌われたくないだけ、モテているポジションが惜しい、ずるい男性なのできっぱり去ってください。

こういう男性は、女性が去ってしまうと急にもったいなくなって追いかけてきます。

「付き合いたいけど付き合えないのなら去ります」と告げることにより、断然付き合える可能性が上がってくるのです。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)