好きな男性にアプローチするとき、LINEは有効に使いたいものです。

しかし自分から一方通行なメッセージばかりで、相手からの返信が少ないことに悩む人も少なくないでしょう。

そこで今回は「返信率大幅アップ!LINEで男性とやり取りするときの秘訣」を紹介します。

返信率大幅アップ!LINEで男性とやり取りするときの秘訣

ハートの絵文字は多用しない

男性は勘違いしやすい傾向があるもの。勘違いを誘発させる女性の言動について、警戒している人も少なくありません。

たとえば飲み会で、軽いボディタッチをされると、男性は「あれ?これは俺に気があるのか?」と考えるタイプもいます。

こういうタイプはだいたい過去に同じようなケースで舞い上がり、告白したら「え?〇〇くんとは友達だったと思ってた」と言われた経験を持っているかもしれません。

だから、ちょっとした女性からの好意的な対応をされても、なかなか素直になれません。

その代表的な例が、ハートの絵文字。これを一度でも使われると、男性は「ハートを使うとか完全に俺のこと好きだろ!」という思いと「いや、最近の女の子は普通にハートを使うもんだ」という思いが混ざってしまいます。

LINEでチャットをしているときも、あまりに多くハートの絵文字を使っていると、男性は「この子はメッセージをハートで飾るのが好きなんだな」と思うもの。

ですから意中の男性とのLINEでハートを使う場合は、メッセージの内容をよくよく吟味して、「ここぞ!」というタイミングだけにしておきましょう。

質問の一文を入れる

質問の一文を入れる

会話というのは言葉のキャッチボールです。

会話が盛り上がらない人って「相手が打っても響かないタイプだから話がつづかないの」と言うこともありそうですが、それは違うかも。

本当に会話が上手な人なら、相手が寡黙なタイプでも心をほぐして話を引き出すことができるでしょう。

心をほぐす方法として有効なのは、会話そのものは時間がかかってもよいので、質の高いものにすることでしょう。

たとえば返信を急ぐより、短くても「相手が返事をしやすい」と感じるメッセージを送ることが大切なのです。

要するに、チャットの最後に質問の一文を挿入すればよいということ。

よほどだらけている人でもない限り、人は聞かれたことについては答えようとするものですからね。

だからたとえば、文章の最後に仕事についてでも、好きなタイプでも休日の過ごし方でも、何でもいいので質問をしてみるのが効果的ということです。

会話の際に質問を混ぜていけば、チャットは長続きする上に相手のことをより多く知ることもできるでしょう。

まずは、相手とつながって

引っ込み思案でなかなかLINEのIDを聞き出せないという人も、まずは勇気を出して聞いてみませんか。

一度つながりができると、何かしらで会話をつづけていける機会が増えていきます。

そして上手くやり取りができる関係になったら、今回紹介した方法でよい感じに親交を深めていってくださいね。

(松本ミゾレ/ライター)

(愛カツ編集部)