好きな男性とLINEを続けると、「これって脈あり?」「どんな気持ちなのかな?」と気になってきますよね。

本記事では男性心理を知りたい女性ヘ向けて、男性が本命にだけ送る「好きLINE」をご紹介していきます。

当てはまる場合はもっと自信を持ってOKかもしれません。

ぜひ男性とのLINEを振り返ってみてくださいね。

脈ありを知りたい!男性が本命にだけ送る「好きLINE」

返信が遅れたときに謝る

「本当はすぐにでも返信したいけど、残業や会食が長引く時があって……。冷めたと思われたくないから、終わったらすぐに『ごめん』って送っています」(27歳男性/営業)

本命女性へは心を繋ぎ止めるためにマメな連絡を心がけます。

しかし、ときにはなかなか返信できないこともありますよね。

こうした場合、女性が「返信が来ないのは脈なしだから?」と思ってしまうのを防ぐために、しっかりと「ごめんね」「仕事が長引いちゃった」と一言添えてくれます。

女性の心を離したくなくて、フォローの言葉を送っているのです。

「あのあとどうなった?」と気に掛ける

「好きな人とLINEした内容は、ほとんど覚えています。もっと相手のことを知りたいし、あとからどうなったのか気になっちゃうんですよね」(32歳男性/人事)

本命女性とのやり取りは細部まで覚えていてくれます。

あなたに対して強い関心が向いており、会話一つひとつに価値を感じているのです。

そして話を聞くだけでなく、「ものごとが上手く運んでほしい」「あなたが幸せになってほしい」と願っています。

そのため、あとから「あれってどうなった?」とマメに気にかけてくれるんです。

こうした男性は、交際後も女性目線で物事を考えてくれる、頼りになるタイプかもしれませんよ。

丁寧に返信してくれる

丁寧に返信してくれる

「返信するまでに何度も内容を考えています。なかなか会えないから、せめてLINEだけでも心を込めたいなって思うんです」(25歳男性/教育)

本命女性に対しては、誤解や誤字脱字がないように確認したり、丁寧に言葉を選びます。

背景には「誠意を伝えたい」「メッセージで心をつかみたい」などの気持ちがあるみたい。

また相手のことを好きすぎるあまり、たくさんのことを伝えたくて、つい普段より長文になりがちなのだとか。

もちろん、LINEの頻度や文章量だけですべては判断できません。

しかし、あまりに短文で雑な返信は、代表的な脈なしのサインと言われています。

マメさだけでなく、「女性の送ったメッセージに寄り添ってくれるか」もチェックしましょう。

「またね」と未来を想像させる

「LINEが途切れるときは必ず『またね』と送っています。そのままフェードアウトされたくないから、ちょっとでも印象に残そうとしているんです」(24歳男性/アパレル)

本命女性とは、なるべく長くLINEを続けようとします。

とはいえ、たまにはやり取りが途切れたり、終わらせた方がいいタイミングもありますよね。

こうしたときでも、心を繋ぎ止めるために、つぎを想像させる言葉を添えてくれるでしょう。

「またね」という言葉からは、将来も関わり続けたいという意図が読み取れます。

きっと女性から自分のことを忘れられたくないのでしょう。

LINEにはいろいろなサインが隠れている

今回ご紹介した以外にも、LINEの文面などには様々な脈ありのサインが隠れています。

本命女性にどんなメッセージを送るか知っていると、恋愛の進めやすさは大きく変わるでしょう。

また、せっかく脈ありなのに自信が持てず、微妙な返信をしてしまう女性も多いようです。

好きな女性からの反応が脈なしっぽいと、男性があきらめる原因になります。

そのため、「脈ありかもしれない」と感じたらぜひ、勇気を出して好意的な返信をしてみてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)

●君だけは特別!男性が「マジ惚れした」ときの脈ありサイン