男性が怖い、彼氏をつくりたいとはいまのところ思わない、男性に興味がない。

いろいろな理由があって男性から遠ざかっている人がいることでしょう。

ですが男性と付き合うことで気づける大事なこともあるのです。

今回は「男性と付き合ってみないと分からない、大事なこと」を紹介します。

男性と付き合ってみないと分からない、大事なことって?

自分の知らない一面に気づける

自分のことを大切にしてくれるパートナーに巡り合えて分かるのは、自分でも知らなかった自分の一面や魅力を知ることができるところ。

自分を客観的に見てくれる友人や家族はもちろんあなたにとって大事な存在。ですがそういった人たちとは違う恋人という視点で見たあなたの魅力を教えてくれるのは、パートナーだけなのです。

それを知ることができると、気持ちが前向きになったり、相手のためにもっと自分を磨こうと思えたりするようになります。

つまり心が豊かになると言ってもいいかもしれませんね。

それら一連のことがあなたを綺麗にしてくれるヒントになるでしょう。

男性に対するイメージが変わる

引っ込み思案な人というのは面識がない人をあまり深く知ろうとせず、自分の情報もあまり相手には話しません。

それは人よりも警戒心が強く、なかでも男性に対しての警戒心は「怖い」「自分より力が強い」などといった自分に害を与えるのではないかといった考えが強いからでしょう。

なので男性と打ち解けるのには、時間がかかってしまうのかもしれません。

しかし、この警戒心や考えも男性と付き合うことで解消される場合があります。

なぜならお付き合いを始めると、今まで見えなかった男性の内面が見えてくるので、そこから先入観としてあった「恐怖心」を和らげることができるのです。

それは時間をかけて優しく接してくれたり、自分を大切に思ってくれたりする行動から「男性は必ずしも女性にとって脅威ではない」と感じることができるからでしょう。

相手を知ることというのは、自分の考えや思い込みを変えるキッカケにもなります。怖いからというだけで自分から遠ざけてしまうのは、もったいないかもしれませんよ。

自分のことを認められるようになる

自分のことを認められるようになる

奥手、シャイ、怖がり、ちょっぴり神経質、自分からアクションを起こすのが苦手など。こういったものに当てはまる人は、総じて引っ込み思案である可能性があります。

ですが自分でもマイナスポイントだとすでに分かっているはず。

どう改善すればいいのか方法が見つからない……と負のスパイラルにハマってしまう人もいるかもしれません。

しかしパートナーと時間を分かち合うことで、これら自分の短所も認められるようになるのです。

というのも短所も含めて自分を認めてくれるパートナーの存在があるからこそ、「もっとプラスに考えられるようになろう」「自分からアクションを起こしてみよう」と思えたりしてくるもの。

それほどに恋のチカラというのは、人の心に与える影響が大きいものなのですね。

自分と向き合ってみて

自分でも気づかなかった一面を知ることができたり、自分のことを認められるようになったりするきっかけがパートナーを見つけるということ。

そう考えたら、新しい一歩を踏み出してみようと思える人もいるのではありませんか。

最初から積極的なアクションを起こそうとするのではなく無理せず自分のペースで、自分と向き合ってみるといいかもしれませんね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)