好きな人と付き合えたと思ったら、実はその人には本命がいて……となると悲しいですよね。

セカンドの存在になりがちな女性にはいくつか共通した特徴があります。

そこを気をつけることで、彼の本命彼女になれる日がくるはず!

本命になれない女性の特徴を見てみましょう。

なにがいけないんだろう…。本命になれない女性の特徴とは?

言葉づかいやマナーができていない

敬語を使えなかったり、言葉づかいが荒かったりする女性は、彼からきちんとした対応をしてもらえない可能性が高くなります。

本命の彼女とは、結婚前提に付き合っているという男性も多いはず。

その場合、将来的には両親や友人にも紹介することになるので、言葉づかいやマナーができていない女性は真剣交際の対象から外れてしまいます。

彼に限らず、言葉づかいやマナーの悪さを嫌煙する人は多いと思うので、普段から気をつけていきましょう。

自分の意見がない

遊ぶ場所や食事をする場所など、すべてが彼まかせで自分の意見がない女性は、男性にとっては都合が良いけれど、刺激やおもしろみに欠けてしまうようです。

最初は良くても次第に飽きられてくるでしょう。

男性は、女性に甘えられたりワガママを言われることが意外と好きなもの。

彼の負担にならない程度に、しっかりと自分の意見を伝えられる女性になって、彼の心に刺激を与えましょう。

なんでも許してあげる

デートのドタキャンや浮気などなんでも許してしまう女性は、男性にとってはただ都合が良いだけで、本命にはなりにくいと言えるでしょう。

「好きだから許す」ことと、「嫌われたくないから許す」ことは違います。

彼を本当に想っているなら、ときには自分の気持ちをストレートに伝えなくては、あなたの本気は伝わりません。

本命の彼女になりたいなら、なんでもかんでも許すのではなく、悪い部分はしかってあげるくらいの気持ちが必要です。

きちんと彼と向き合う

いつもセカンド扱いされると悩んでいる女性は、実は自分のふるまいに問題があるのかも。

いくら彼のことが好きでも、相手のペースに巻き込まれるだけでは本当のあなたを見せることはできません。

自分らしさを持ってきちんと彼と向き合うことが、本命彼女に昇格するカギになるのかもしれませんよ。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)