頻繁にLINEをしていたカップルも、ある程度年数が経つとマンネリ化してきますよね。

次第に彼からの返信も遅くなり、不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。

せっかくなら毎日のやり取りが楽しみになる、幸せなLINEをしたいもの。

そこで今回は、男性が「毎日でも連絡したい」と思うような「彼女からのLINE」をご紹介します。

毎日でも連絡したい!男性が癒される「彼女からのLINE」

仕事終わりの「お疲れさま」

「俺の仕事が終わるころになると、大抵彼女から『お仕事お疲れさま!』とLINEが入っている。それだけで気持ちが温かくなります」(30歳男性/営業)

些細な一言ではありますが、これがあるとないとでは大違い!

男性も「今日も仕事大変だったけれど、1日頑張って良かったな」という気持ちになるそうです。

逆に「まだ仕事終わらないの?」「昨日も残業だったのにまた?」など、彼を責めるようなことを言うのはアウト!

よほど辛抱強い彼じゃない限り、お付き合いは長続きしませんよ。

嬉しそうな様子が伝わるメッセージ

「俺が『仕事終わったよ』とLINEすると『おかえり~!』とともに、喜んでいる系のスタンプが送られてきます。

俺の帰りを待っていてくれたんだなと思うと、LINEも全然苦じゃないですね」(28歳男性/販売)

「『今日のデート楽しみだね!』など、自分からLINEを送ってきてくれるのが良いですね」(32歳男性/教育)

彼からのLINEが当たり前になっていて、つい淡泊な返信ばかりの人はいませんか?

そうするとやはり彼も「俺とのLINEつまらないんだろうな」「だったらこの時間をほかのことに回したほうが良いや」と、やり取りを拒むようになってきます。

落ち込んでいるときなどに無理に明るくする必要はありませんが、彼に喜んでもらえるように意識することは大切でしょう。

時間帯を考えてくれる

「俺が『来週は残業続きなんだよね』と言うと、返信しやすい朝にLINEを送ってくれる彼女。

ありがたいし、その気持ちが嬉しくて既読スルーしようという気持ちにはならないですね」(28歳男性/営業)

つい自分都合でLINEを送っている人はいませんか?

でも彼からするとその時間は忙しくて、なかなか返信できないのかもしれません。

すぐに返信が欲しいのであれば、たとえば朝ちょっと早起きして、彼の通勤時間に合わせたLINEをするなどの配慮も必要です。

マメじゃないタイプの彼も「そこまで俺に気を遣ってくれているだな」と、喜んで返信してくれるかもしれません。

思いやりを持つことが大切

彼との関係が長くなってくると、つい自分本位なLINEになりがち。

でも一方通行のLINEでは、当然彼は返信しようという気持ちにはなりません。

どんなLINEをもらったら嬉しくなるのか、改めて考えるべきかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)