男性に対して、「この人が結婚相手だったらいい感じだなあ」と思うことはありませんか。

そう思えるということは、好みが合うとか波長が似ているとか、さまざまな理由があるはずです。

今回は実際に既婚女性たちに、結婚相手に向いている男性の特徴をうかがってみました。

一見すると男性のだらしないようなところも、じつは結婚に適した特徴なんだとか……?

家でだらだらなのに…?じつは結婚相手に向いている男性の特徴

食べものにこだわりがない

「結婚したら旦那さんのために毎日栄養バランスを考えた食事をつくるのが妻の役目で、それが楽しいものだと思ってました。でも実際にやってみると本当に大変で……。最初の頃は毎日晩御飯の献立のことばかり考えてました。食べられればなんでもいいくらいの人がラクですよ」(35歳女性/化粧品営業)

たまにつくるならこった料理もつくれるほうがいいですが、毎日仕事が終わってからとなると大変です。

疲れているときには手抜き料理でも許してくれる男性のほうが、結婚向きと言えるでしょう。

泊まりがけの出張が多い

「結婚してから気づいたんですけど、ひとりの時間がまったくないのが我慢できないですね。だから出張とかで夫が帰ってこない日があるとひとりの時間を満喫できて楽しいです。寂しがり屋でないなら、泊まりがけの出張が多い人のほうがストレスも溜まらないんじゃないですかね」(34歳女性/Webディレクター)

結婚すると、嫌だとしても毎日同じ屋根の下で過ごさなければなりません。

どんなに気を許した相手でも、たまにはひとりの時間をつくらないと息が詰まってしまうのでしょう。

外に出かけたがらない

外に出かけたがらない

「付き合っている間ってそもそも毎日会えるわけじゃないから、会える日にはしたいことがたくさんあるし、せっかくのデートなら外に出かけたいなとか前までは思ってました。

でも結婚してみてから家でだらだらするのが好きな人って楽だなぁって気づきました。だって疲れてるときにお互いのんびりできないのってやっぱりつらいですよ」(28歳女性/出版営業)

外に出たがらずにだらだらしている人って、なんとなく怠け者なイメージがあるかもしれません。

ですが毎日いっしょにいるようになれば、休みのたびに「もったいないから」と意気込んで出かけなくてもよいと言えるでしょう。

よく頼ってくる

「夫はすごくリードしてくれるタイプで、そこがよくて結婚したんですけど実際は大変です。夫の思い通りに物事を進めたがるし、なんでもひとりで決めてしまうのでこちらの自由が利きません。ちょっと頼りなくて妻に頼ってくるような男性のほうが共同生活を送るのはラクなんじゃないかなぁ」(31歳女性/銀行員)

女性は自分のことを引っ張ってくれる男性を好む人も多いですよね。

ですが結婚してからはそれが強すぎると、窮屈になってしまうこともあるでしょう。

未来の夫候補がいるかも

あなたはどんな男性が結婚向きだと思いますか?

既婚女性たちが結婚してから気づいたように、一見すると結婚向きではないと思えるような男性のなかに、未来の夫候補がいるかもしれませんよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)