「○○なところだけ我慢したら、いい人なんだけど……」と思っているあなた。

もし少しでも違和感を感じているのなら、一度冷静になったほうがいいかも。

どんなに見た目や性格が素敵でも、自分本位な男性とお付き合いすると苦労しますよ。

そんな自分本位なところを見抜くポイントを3つご紹介します。

気になっている彼が当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。

付き合った後、苦労する!「自分本位な男性」の特徴3つ

損得勘定が強い

「前付き合っていた人は、『車乗せてあげるから、アレ買って』と交換条件を持ちかけてくるタイプ。

とくに嫌だったのは、『○○してあげたでしょ?』と後から要求してくること。そんなやりとりに嫌気がさして、別れちゃいました」(28歳女性/通信)

何かと交換条件を出してくる男性には注意が必要。

「自分だけ損をしたくない」という気持ちが強いので、相手が誰であっても見返りを求めるでしょう。

将来、自分の子どもにまで損得勘定を持ち込む可能性もあります。

お付き合いを考えるなら、彼の言いなりにならない強さが大事でしょう。

過度に人をイジる

「手芸が趣味だと職場の人に話したら、一人の男性が『買ったほうが安くない?』『最近何つくってるの?』としつこくイジってくるようになって。遠回しに注意してみたものの、やめてくれません。

仕事はできるしいい人なんだけど、イジりがしつこくて面倒くさいです」(30歳女性/一般事務)

イジりはコミュニケーションの一環として、悪気なくしている人も多いでしょう。

しかし、過度なイジりは不快ですし、いちいち対応するのも面倒くさいですよね。

そんな相手の気持ちを慮れない人は、気を付けたほうがいいかも。

付き合っても、「最近太った?」なんて無遠慮なイジりをしてくる可能性が高そうです。

自分の意見を曲げない

自分の意見を曲げない

「彼は絶対に意見を曲げない人。一度『このパンが食べたい』と思ったら、見つかるまで何店舗も回って探すタイプ。いつも振り回されるので疲れます」(31歳女性/IT)

良好な関係を築くには、お互いの意見を聞き、折り合いをつけていく必要があります。

もしどちらかが自分の意見を曲げない場合は、もう片方が折れ続けなくてはなりません。

そんな日々が続くと、疲弊してしまいます。

何がなんでも意見を押し通そうとする男性には注意が必要です。

自己中心な人には気を付けて!

相手の気持ちを考えず、自分中心に世界が回っている男性とは、長く続かないもの。

たとえ付き合ってもバカにされたり、意見が全く通らなかったり、辛い思いをしてしまうかもしれません。

どんなに魅力的な人であっても、今回ご紹介した特徴に当てはまるようなら、慎重に見極めるようにしてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

【ほかにも】付き合うと大変かも…自分本位な男性の特徴