「いい男」の基準はどこにあるのでしょうか?

どうせお付き合いをするなら、「いい男」と呼ばれるような素敵な人と付き合いたい……と考える人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「いい男」の特徴を述べた後に、そんな男性を見分ける方法についてもご紹介します。

あなたの気になる彼は、いくつ当てはまっていますか?

気になる彼はいくつ当てはまる?「いい男」の5つの特徴をチェック

嘘をつかずに約束を守る

何より望ましいのは、誠実な人柄。

誰しもが求めるところですが、表面的なお付き合いをしているとなかなか分かりにくい点でもあります。

いかにも真面目そうな人が付き合ってみるとそうでもなく、逆に軽い印象だった人の方が意外と誠実だったということもありえます。

そういったときに判断基準となるのは、約束を守っているかどうか。

待ち合わせに遅れずに来るかや、頼まれ事をきちんとこなしているかなどの、細かなところができている人ほど、信頼が高くなります。

どんなに些細なことでも責任感を持っている男性は素敵です。

一生懸命努力していることがある

一生懸命に何かを取り組む姿勢は、周りにも刺激を与えます。

目標に向かって突き進む人からは、何かしらの輝くオーラが出ているものです。

そのような人物は、真面目でなにかに一生懸命になることができる人で、きっと恋人のことも大切にしてくれるでしょう。

しかし、そういった人は自ら頑張っていることを敢えて口には出さず、陰で努力をしている場合が多い傾向があります。

そのような努力の気配を感じたときには、決して見逃さないようにしましょう。

色々な趣味を持っている

色々な趣味を持っている

一つの趣味に徹底的にこだわっている人ももちろん魅力がありますが、多くの趣味を持っている人は引き出しが多いといえるでしょう。

スポーツ系の趣味が多い人は、爽やかな印象を持たれます。

また、学術的な趣味を持つ人は、会話の引き出しが多く、一緒に話しているだけで勉強になります。

芸術的な趣味を持つ人は、さまざまな文化への理解が深く、人を受け入れる力も養っている方が多いです。

自分のことを犠牲にできる

海外で理想とされる紳士的な人柄にもよく象徴される、自分を犠牲にできる精神。

「レディーファースト」を実践できる男性は、もちろん日本でも好まれます。

席を譲ってくれたり、料理を取り分けてくれたりと、自分のことよりも彼女のことを立ててくれる男性は、ありがたい存在です。

女性はわがままな生き物。そんな身勝手な言動にも文句を言わずに付き合ってくれる男性は貴重な存在でしょう。

ただし、エスカレートし過ぎたときはきちんと指摘もしてくれるのが、本当の優しさです。

ユーモアのセンスがある

ユーモアセンスがある男性も、魅力的です。

たとえ自分自身は辛かったり苦しかったりするときでも、常に人を楽しませようとしてくれる心の持ち主。

エンターテインメント精神にあふれ、気さくに何でも話しかけてくれます。

いつも親身になって相談に乗ってくれるのもこういった人。

常に明るい方向に持って行こうと改善策を一緒になって考えてくれるので、こちらも勇気がもらえます。

本当の「いい男」とは?

自分が成長することにより、それがこちらにも影響し、人としての成長を促してくれる男性こそが本当の「いい男」だと言えます。

もしあなたの気になる彼が5つとも当てはまるなら、ぜひその人と結ばれるように頑張ってみてくださいね。

(愛カツ編集部)