せっかく恋人ができたとしても、すぐに別れてしまうのでは切ないですよね。

そこで今回は、お付き合いを長続きさせるための秘訣を3つ、ご紹介します。

今、お付き合いをしている彼がいる人は、紹介する行動をしているかどうかチェックしてみてください。

愛が伝わる!彼と「長くお付き合いするための秘訣」3つ

違いを楽しむ

恋は楽しんでなんぼともいえるでしょう。

価値観や趣味がお互いに違う場合。

その違いを楽しめれば、恋は何倍も何十倍も楽しくなるはず。

お互いの違うところも受け入れられてこそ、本当に相手と向き合えるのだと思います。

違いをネガティブに考えるのではなく、ポジティブにとらえられると素敵ですね。

気持ちを言葉に出して伝える

付き合ったばかりのころは、お互いに遠慮があるので、「ごめん」「ありがとう」といった言葉も、当たり前のように口にできるでしょう。

しかし、付き合いが長くなってくると、この当たり前ができなくなるカップルも多いもの。

相手との関係もそれなりに充実し、相手への信頼もそれなりになってくると、つい相手への甘えが出てきてしまいがちに……。

だからこそ、「言わなくても伝わっているだろう」と、相手へのお礼や謝罪を省いてしまうのかもしれませんね。

ですが、関係が親しくなっても、相手がしてくれて嬉しかったこと、自分がして悪かったことは、その都度、きちんと言葉にすることが大事でしょう。

これは何十年と連れ添った夫婦にも、同じことが言えるはず。

たった一言の言葉でも、相手からの愛を感じたり、ふたりの関係をつなぎとめるポイントになるでしょう。

気持ちを共有しあう

恋人との関係をうまくやっていくには、まずお互いが日々感じていること、考えていることを共有することが大事になるでしょう。

そうしないと、お互いの気持ちがわからないですし、すれ違いの原因になってしまうかもしれません。

それこそ、仕事やプライベートに追われていても、LINEでやり取りをして相手の話を聞くとか。

時間が空けば、一時間でも会って一緒にご飯を食べるとか。

恋人との時間をできるだけ作ってあげることは、お互いが持つべき意識といえるでしょう。

相手の気持ちに寄り添って、できる限り、相手の力になってあげることで、お互いの気持ちをひとつにすることが、充実した関係につながっていくのだと思います。

関係が充実していれば、別れるなんて選択とは無縁になっていくでしょう。

物事をポジティブに考えて

関係性を築くなかで、あーでもないこーでもないと悩んで落ち込んでしまうこともありますよね。

でも、独りよがりで悩んでいるのであればもったいないです。

お互いの歩み寄りを意識して、ポジティブにお付き合いをしていってくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)