女性が思っている以上に、男性は女性の言葉遣いに敏感です。

いままで注意されてこなくても、心の中では引かれているかもしません。

今回は、男性が言われるとドン引きする身近な言葉についてご紹介します。

心の中でドン引きされているかも…男性をがっかりさせる「女性の言葉遣い」

「それ、前にも言ってなかった?」「勝手にすれば?」

「確かに話したかもだけど、そんな冷たく言わなくてもいいよね」(20代男性/土木作業員)

「気持ちがスーっと冷めますね。じゃあもう勝手にするわって投げやりになる」(30代男性/営業職)

突き放すような言葉は、相手をもっとも傷つけやすいものです。

彼女に癒やされたいと感じているのに、そんな大切な人から冷たい言葉を言われてしまうと、気持ちも急激に冷めてしまいますよね。

ケンカ中はとくに言ってしまいがちですが、別れの引き金を作らないように注意しましょう。

「~でしょ!」「~じゃね?」

このような同意を求める言葉は、誰でも使いがちなものですが、相手によっては高圧的な印象を受けることもあるようです。

うっかり言ってしまいそうになったら、「~だよね!」や「~じゃないかな?」と物腰が柔らかい返しになるように意識してみましょう。

また、男性のなかには、男っぽい言葉遣いの女性を苦手とする人も少なくないようですよ。

「いつも仲良くしている男女グループの女性に、言葉遣いを指摘した事があります。どんな事でも話せる仲なので、あんまり男っぽい言葉遣いは男ウケしないよ?と伝えました。

彼女的には、男ウケを意識して話す必要ないし!とはぐらかしていましたが、後日また集まった際に少し言葉に気をつけているような仕草が見えたので伝えて良かったと感じました。

やっぱ自分では気づかないのかもしれないですよね。伝えた事で彼女の意識が変わったなら、言って正解だったなーと思いました。」(30代男性/家電量販店勤務)

「うまい!」

「うまい!」

「気になる男の子と一緒に食事に行く約束をとっても楽しみにしていた私。服装も髪もバッチリ決めて出かけました!ですが、いざ食事の場面で「うまー!」と普段の言葉遣いがポロリと出てしまい、あの時の彼の少し引いたような顔が今でも忘れられません。

気をつけていたはずなのに…。普段の生活から言葉遣いを気を付けようと反省しました。結局彼からはフェードアウトされてしまいましたね…。」(20代女性/アパレル販売)

美味しいものを食べているときは、思わず言ってしまいそうになりますよね。

先ほどご紹介したのと同じく、男性は男っぽい言葉遣いの女性を苦手とするもの。

とくにデート中は、見た目だけでなく言葉遣いも注意しましょう。

女友達と話すときも意識するのがベスト

言葉ひとつで、男性に引かれてしまうのはもったいないこと。

しかし、言葉は無意識に出てしまうものです。

改善したいと思ったら、女友達と話すときから意識しましょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)