「告白って、どうやったら成功するの?」……素朴な悩みだけど、誰しも頭をよぎったことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、おさえておきたい基本の告白テクニックをご紹介します。

恋愛初心者必見!おさえておきたい基本の告白テクニック

まずは相手との関係を構築

まずは、相手との関係作りが大切です。

相手との関係が築けていないのに、告白してしまうと相手も驚いてしまうでしょう。

たとえば、服を買うときも値段や色をみますよね。

その服にひとめぼれしたとしても、自分に合うかどうかや、どこで着ようかなどは考えるのではないでしょうか。

相手のことが分からない状態で、いきなり告白すると失敗してしまうことのほうが多いのが現状です。

告白が成功しても、その後「やっぱり違う」となる確率も上がってしまいます。

告白するときは面と向かって

LINEや電話でも告白ができる時代ですが、気持ちを込めて告白するためには、恥ずかしくてもきちんと向かい合って告白しましょう。

面と向かってきちんと気持ちを伝えられることは、相手にとっても気持ちが良いものです。

きちんと向かい合うことで、あなたの真摯な姿勢や本気の気持ちしっかりと伝えることができますよ。

また、実際に会って気持ちを伝えることで、そのときの空気感や緊張感も伝えることができます。

告白という勇気のいる行動を一生懸命している健気な姿は、相手の気持ちを動かすほどの感動がときとしてあります。

告白は短い方が印象的

気持ちを込めた告白というと長い方がいいかと思われますが、じつは逆です。

端的に分かりやすい言葉であなたの気持ちを表現してください。

「好きです」「付き合ってください」といった言葉ほど、ストレートに気持ちを伝えられるフレーズはありません。

恥じらいながらでもグダグダになりながらでも、あなたの言葉で相手に気持ちを伝えましょう。

どんな言葉でもきっと気持ちのこもった告白になりますよ。

シチュエーションも大切

気持ちを込めた告白をしたいなら、シチュエーション選びも大切です。

ざわざわとした雑踏や人の耳が気になるところでは、どんなに気持ちを込めても上手く相手に伝わらなくなってしまいます。

告白は、できれば静かな場所で二人っきりになれるところを選びましょう。

相手を尊重することが大事

告白するからには、自分の気持ちを100%伝えたい。

そう思うのは自然なことです。

でもあれこれと考えているなかで一番大事な「相手のこと」を忘れてしまいがちになってしまいます。

じつはこれが一番のNGポイントなんです。

相手のことを尊重しながら、自分なりの告白をしてくださね!

成功を願っています。

(愛カツ編集部)