運転中は、思いのほか気を張っているもの。

だからこそ少しの気遣いや優しい言葉に、男性はキュンとするようです。

ドライブデートであなたの魅力を再確認できれば、男性はもっと夢中になるかもしれませんよ。

腕の見せどころ!男性がドライブデートで女性にされたいこととは

休憩や運転交代を提案する

長い距離を走りっぱなしだと、それだけ目や身体の疲労もたまります。

言わないだけで、じつは彼も「休憩したいな~」と思っているのかもしれません。

でも、彼女の手前、弱いところはみせたくないのかも……?

そんなときには、「ねぇ、そろそろ休憩しない?一息つこうよ!」「そろそろ○時間経つけど大丈夫?」「あそこでちょっと休憩しない?運転変わるよ!」「運転には自信アリだからまかせて~!」と声をかけてあげるのが◎

実際に運転を変わらないとしても、気遣ってくれているだけで嬉しく感じますし、本当にホッと一息つきたいときは、その一言に助けられるもの。

長距離ドライブのときは、どんどん提案してみましょう!

運転中にガムやアメをあーん

運転中は、いろんなものに注意しなければいけません。

信号や標識、左右前後の確認、歩行者、自転車、対向車。

彼本人が気付いていなくても、知らぬ間にストレスが溜まっているものなのです。

そんな車中だからこそ「はい、どうぞ!」「食べる~?あ~ん!」と、和ませてくれる彼女にはキュンとしてしまうよう。

病気やケガのときに優しくされると、惚れてしまうのと、少し似ているかもしれません。

神経が疲れているときこそ、ちょっとした気遣いが、いつもより効果的に効くのです。

感謝は何回伝えてもOK

運転手という職業があるように、運転は労働。

疲れもたまりますし、神経も使います。

運転してくれていることを当然と考えず、「ありがとう」を伝えていきましょう。

これは何度でも伝えてOK。

たとえば、高速道路を走っていて、一息つけるパーキングについたら「おつかれさま~!運転ありがとう!」。

目的地についたら、「運転ありがとー。○○くんが運転してくれたから、電車より全然ラクだったよ!」なんて言ってみてください。

帰りの道の途中で「今日は楽しかったね~。本当運転ありがとうね」と言えば、帰るだけの道も楽しくなります。

家に着いたら「ドライブ最高だったよ~!ありがとう!」と、彼を最大限に労ってあげましょう。

さりげなく運転を褒める

運転の技術を褒めてあげれば、ハンドルを握っている彼もつい嬉しくなるもの。

「〇〇君の車、凄く乗り心地いいね!」「凄く安心できる運転だよね」など、乗っていて楽しく、安心できることを伝えてみましょう。

もし、高速道路や並列駐車など免許はもっていても難しかったり、怖いと感じることを彼が上手にやっていたりしたら、それも褒めるチャンス。

「難しくてできない~。すごいね~」と、褒めてあげましょう。

彼にとっては普通のことでも、言われるとつい、「お、俺って頼りになる?」と嬉しくなるようですよ。

運転で疲れているときこそ、優しさに感動!

運転って、じつは結構疲れるもの。

だからこそ、ちょっとした一言や感謝の言葉が、思いのほか彼の心に響きます。

あなたもぜひ、「また、隣に乗せたい」と思わせる彼女を目指して、プチ気遣いを心がけてみませんか?

(山田あいこ/ライター)

(愛カツ編集部)