彼からのプロポーズを待っていても、まったくそんな気配がないとき。

つい自分から「結婚のことどう考えているの?」と迫って引かれてしまう……そんな女性は少なくありません。

頑張っているのに、逆に結婚を遠ざけてしまっていた行動をご紹介します。

頑張るほど逆効果?結婚を遠ざけてしまう行動

家事を頑張って尽くす

「結婚生活をイメージ欲しくて、料理教室にいって手料理も頑張って、苦手な掃除や洗濯も彼の家にいくたびにやってあげていたんです。
でも、彼から『結婚しよう』と言ってもらえなくて、疲れて自分から別れを告げました」(26歳女性/営業)

彼女が、家のことを頑張ってくれて尽くしてくれたら「嬉しいな」と思う男性もいるでしょう。

しかし同時に「これって結婚のプレッシャーなのかな」「期待に応えられなくて悪いな」と罪悪感や居心地の悪さを感じてしまう場合もあります。

心からやりたいと思っているのであれば別ですが、結婚のために無理して尽くすのはやめておきましょう。

「既婚者がうらやましい」話ばかり

「親友が結婚してから一気にさびしくなって、自分も結婚したい気持ちが強くなったんです。
だから彼に会うたびに『新婚生活楽しいらしい』『甥っ子がかわいかった』など、既婚者の楽しさを語っていたら『俺はまだ結婚はいいかな』と言われました」(25歳女性/デザイナー)

結婚への憧れを語るのは決して悪いことではありません。

ただ、あまりにも「言い過ぎる」のは問題なんですよね。

はっきり結婚したいと口に出すわけではないとはいえ、彼からすると「回りくどくてしつこい」と感じてしまう場合もあります。

結婚にまつわる話題を出したとき、彼の表情があまり楽しくなさそうだったら、しつこく言わないようにしましょう。

彼の友達に相談する

彼の友達に相談する

「彼がどのくらい結婚する気があるのか知りたくて、彼との共通の女友達に相談していたんです。
そしたら、それが彼に伝わってしまい『2人のことをペラペラ他人に話すなんて信用できない』と振られました」(29歳女性/事務)

彼の結婚への意思を知ることができるなら知りたいですよね。

ただ、自分の知らないところで勝手に相談されていることが嫌だと感じてしまう人もいます。

あくまでも2人の問題は、2人で解決しようという意思も大事ですよ。

「この人しかいない」と思わないほうがいい

結婚したいという気持ちが強くなっているとき、気をつけたいのは「この人を逃したらもう結婚できないかも」という思いにとらわれていないかということ。

「絶対この人しかいない!早く結婚してもらいたい!」と思いすぎてしまうと、どうしても言葉や行動にプレッシャーがにじみ出てしまい、彼からすると「重い」と感じる原因になってしてしまいます。

「結婚しなくても一緒にいて幸せ」くらいに思っていたほうが、自分も楽しく過ごせますし、彼のなかでも結婚へのハードルが下がりますよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)

●結婚してうまくいくカップルと、失敗するカップルの違いって?