付き合いがある程度の長さになると「結婚する気あるのかな……」と不安になってしまうこともあるでしょう。

そんなとき、彼がいったいどんなことを考えているのか、もしくは何も考えていないのか……気になるところだと思います。

でも、もしかしたら何かしらの「結婚を考えていますよ」というサインを出していて、それに気づけていないだけ、なのかもしれません。

そこで今回は12星座から、男性が「結婚を考えているときのサイン」がどんなものなのかを占ってみました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)までのご紹介です。

【後編】12星座で占う!男性が見せる「結婚を考えている」サインとは

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座男性の結婚への意欲は、その多くが「結婚……してもいいししなくてもいいし、でもしたほうが男の株が上がるかなあ」というもののようです。

しかし、運命の女性だと認識したら行動は早いでしょう。

結婚を意識したら、デートでのプレゼントが豪華なものに変わっていくはず。最後はもちろん、指輪です。

さそり座(10/24~11/21)

好きになった相手には100%の愛情を向けがちなさそり座の男性。

「結婚」を意識し始めると、普段からそれが態度に現れやすくなります。

誕生日やクリスマスなどのイベント時には、雰囲気の盛り上がりに乗じて「結婚しよっか」と口からこぼれ出ることも多いようですね。

いて座(11/22~12/21)

楽観的なところがある、いて座の男性。

付き合おっか?といったような軽いノリでプロポーズ……ということも。

とはいえ、一緒にいて楽しい相手じゃないとそんなことはせず、真剣に将来を考えた相手に対しては熱烈なアプローチでぐいぐい結婚を迫るようです。

やぎ座(12/22~1/19)

やぎ座(12/22~1/19)

現実をしっかりと考えがちなやぎ座の男性。

結婚を考え始めるのは、自分の収入など、金銭面に余裕が出てきたころからになることも。

会話をしていて「どのエリアに住みたい?」「どんな家が好き?」など将来設計に関する質問が出てきたら、それがサインだと思っていいでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

個人主義な傾向にあるみずがめ座の男性。結婚という制度にあまりこだわらない人も多いようです。

なので、できるだけ制度に縛られない結婚が大丈夫そうな女性を相手に選ぼうと思っている人も……。

夫婦別姓とか、配偶者控除とかへの関心を探られたら、結婚を考えているサインなのかもしれません。

うお座(2/19~3/20)

ちょっと優柔不断なところのあるうお座の男性。

「好き合っているんだから」「いい年だから」「みんな結婚してるから」

などなど、何かしらの理由を付けておかないと結婚を考え始めないこともあるようです。

ただ、一度結婚を意識し始めたら意志は固い傾向に。

新婚旅行や新居の家具の話が出てきたら、本気度が高いと思っていいでしょう。

サインを見流さないで

彼が結婚を考えているかどうかがわかったら、その先の身の振り方も見えてくるもの。

余裕ができたところで、彼にプロポーズするよう仕向けてもいいし、自分からしちゃってもいいし!

ただ、サインがわかりにくい男性もいます。その場合は様子を見つつ、自分から少しずつアピールをしていきましょう。

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)