多くの時間を同じ職場で過ごしている人にとって、同僚や上司、部下を恋愛対象として見るのは普通のことでしょう。

社会人になってから効率よく恋人を作るなら、職場内恋愛が一番いいかもしれません。

しかし、仕事中の振る舞い次第では恋愛対象から外されてしまうこともあるようです。

仕事がデキる人でも…職場で恋愛対象外になりがちな女性の特徴

言動が威圧的すぎる

他の人のミスなどで仕事が遅れると「どうにかして!」とクレームをつけたり、「あいつ、使えない」とキツイ愚痴を言ったりするなど、職場で言動が威圧的になってしまう人は少なくありません。

しかし、このように振る舞う女性を恋愛対象として見れない男性も多いようです。

付き合ったとしても、楽しいわけがないと考えてしまうからでしょう。

人間ですから、まったくミスしないなんてことは、あり得ません。

仕事ができるとしても、器の小さい人にならないように気を付けましょう。

評価が厳しい

職場の人に対する評価が厳しく、年齢や立場を気にせずに「どうしてできないの? あり得ない」とバッサリ斬ってしまう女性は、男性からどうしても敬遠されるでしょう。

また、男性には普通に接しても、女性同士のやり取りでは辛口になってしまうのもマイナス印象です。

女同士の会話なんて……と思いがちですが、男性たちは意外と聞いているものです。

そして、「何かあったときに俺のことを、あんな風にキツく非難するんだろうな」と想像して、自然と距離を置くようになるのです。

とくに、自分のことを棚に上げて他人を厳しく評価するような女性は、男性から「お前が言うな」と思われてしまうでしょう。

しっかりしすぎている

しっかりしすぎている

きちんと業務を進めていくことは、とても大事です。

しかし、あまりにも柔軟性がないと、男性は窮屈さを感じてしまいがち。

「取っつきにくい」「面倒くさい」と感じます。

また、仕事以外でもしっかりさを求められるのはないかと考えてしまうため、恋愛対象から外してしまうのです。

この他にも、自分の思い通りに仕事が進まないことに不満を示す女性は、「融通が利かない」「自己中心的」と思われてしまうでしょう。

キチンとしていることは魅力のひとつなので、ほどよいレベルを心掛けると良さそうです。

仕事中も女性らしさを意識して

社会人になれば、恋のきっかけを職場や仕事関係者に求めるのは自然なことです。

少しの心がけで新しい恋が始まるなら、仕事中も女性らしさを意識しましょう。

そうした好印象の積み重ねで、恋愛に発展するケースも多々あるに違いありません。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)