デートをしていて「彼は楽しくないのかな……」と感じたことがありますか?

男性は一緒にいてつまらないと感じると、あからさまに態度に出してしまう人が多いです。

そこで今回は、男性が、女性とのデートで「つまらない…」と感じているときに出すサインをご紹介します。

男性に聞いた!女性とのデートで「つまらない…」と感じているときに出すサイン

スマホばかり触る

「スマホでゲームをしていたほうが楽しいからついスマホをいじりっぱなしになってしまう。

あと、何回もスマホを見て時間を気にしてるふりとかして、早く帰りたいオーラを出すこともある」(28歳男性/飲食店)

急ぎのメールの返信など、どうしてもスマホを触らないといけないこともあるかもしれません。

そんなときは「ちょっとごめん!」という断りの言葉があったり、すぐにいじるのをやめてくれたりするはず。

テーブルの下にスマホを隠していじっていたり、長時間スマホを見ていたりするときには、あなたとのデートがつまらないというサインなのかも……。

目を合わさない

「デートが楽しくないときは一緒にいてもほかのことを考えてしまいますね。

だから、会話中に目を見て話していないことが多いらしく、『こっち見てよ!』って言われることがときどきある。こっちとしては無意識なんだけどね」(26歳男性/開発)

会話に夢中になればなるほど、相手の目を見て話をするもの。

会話中にうわのそらだったり、まったく目を見てくれなかったりしたときには、一緒にいても彼はつまらないと思っている可能性大です。

もしかして、彼が楽しいと思えない内容の話をしていませんか?

共通の話題や彼も興味のあることを話すなど、楽しいと思える会話をすることが、デートを楽しくする秘訣ですよ。

適当に相づちを打つ

適当に相槌を打つ

「気付いたら適当な相づちしか打ってなくて『ちゃんと話聞いてる?』って彼女に言われる。

たとえば『なに食べる?』に対して『うん』と答えたり(笑)」(28歳男性/SE)

「興味のある話題なら話を膨らませたいと思うけど、俺の知らない友達の話や趣味の話ばっかりされても、つまらないからつい返答も適当になってしまうよね。」(29歳男性/銀行員)

「本当に話を聞いているの?」と感じるような適当な返しは、その会話を早く終わらせたいという彼からのサイン。

楽しくない会話を続けると、デート自体がつまらないという印象を彼が持ってしまう可能性があります。

そうならないために、彼との共通の話題を持つことが大切です。

お互いが楽しめるデートを!

大好きな彼や憧れのあの人とデートのときには舞い上がってしまって、彼がつまらないと思っているときに出すサインを見逃してしまう女性も少なくないはず。

彼の出すサインをずっと見逃していると、彼が離れていってしまうかもしれません。

心当たりのある人は、今までのデート内容を見直して、彼も楽しめるようなデートプランを練ってみることが大切かもしれませんね。

(愛カツ編集部)