気になる男性ができたら、アプローチして仲良くなって、それで付き合うところまで考えたいですよね。

そのためにはまず、相手から興味を持ってもらうことが重要なのです。

彼が「この子、なんかいいな……」と思うような女性でないと、距離を縮めるのも苦労するでしょう。

今回は「男性から興味を持ってもらえない、女性の特徴」を紹介します。

きっかけすら生まれない…。男性から「興味を持ってもらえない」女性の特徴

1.壁をつくりすぎている

なんだか壁をつくっている感じがする女性には、男性もなかなか簡単には近づけないものです。

その壁が壊せる気配がまったくないと、男性も対応するのが面倒になってくるので、だんだんその女性への興味もなくなっていってしまうのでしょう。

自分では壁をつくっているつもりはなくても、男性には大きな壁があるように見えているなんてこともよくあります。

笑顔が少なくていつもムスっとしていたり、自分からは全く話しかけてきてくれなかったりすると、男性は大きな壁を感じるやすいので、とくにこの2点には女性は注意しておくべきですよ。

2.存在感があまりない

存在感があまりない女性のことは、興味を持つとか持たないという以前の段階である可能性が高いです。

存在自体は知ってはいるものの、頭の片隅にチラッといる程度の認識であるのかも。

単純ではありますが、まずは男性の近くにいることを増やすようにして、とにかく視界に入るようにすることが大事です。

それだけでも存在感は少しずつ大きくなってくるし、男性から話しかけてくれる機会も増えるでしょう。

また身だしなみに気を遣うようにして女性らしさを出すようにすることも、男性の意識を揺さぶる効果が期待できます。

3.男性への興味がなさそう

3.男性への興味がなさそう

自分に対して興味を持ってくれているようには見えない女性のことは、男性も興味を持ちにくいです。

逆に言うと、自分に興味を示してくれている女性のことは、男性も次第に気になり始めるもの。

だからこそ気になる男性に対しては、ちゃんと興味を持っているということを示すのが大事。

何のアクションも好意も見せないままでは、いつまでも赤の他人の状態で、ふたりの距離も一向に縮まることもないはずですよ。

4.会話が噛み合わない

会話をしていてもうまく噛み合わなくて、いまいち盛り上がることもできないことが多い女性とは、会話をしようという気持ちがなくなっていきます。

ものすごくおもしろい話をしなければいけないというわけではなく、うまくキャッチボールができているかが重要です。

自分の話ばかりをしたり、男性がまだ話している最中なのに話題を変えようとしたりすると、もはや会話としては成立しなくなるはず。

そんな女性とは「また話したい」なんて気持ちにもならないですし、ウマが合わない感じもするので、興味もどんどん薄れていくことでしょう。

女性からも歩み寄って

女性のほうからも多少は歩み寄るようにしないと、男性はなかなか興味を抱いてくれません。

ただ待っているだけでは、気づかれないままで終わってしまうことだって十分にありえますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)