出会いの数だけ、別れがあるもの。

でも、付き合っている二人が別れることになるのは、なにかしらの原因があるはずです。

そこで今回は、男性が彼女との別れを考える瞬間を4つご紹介します。

もう別れたい…男性が彼女との別れを考えてしまう瞬間4選

結婚を想像できなかったとき

男性だって、将来的なことを考えるもの。

結婚を考えている男性であれば、結婚するという未来が見えない場合、違う相手を求めてしまうかもしれません。

たとえばお金にルーズであったり、精神面での成長がみられなかったり。

生活態度や責任感などに問題があると、結婚はとても考えられないと思われてしまうかも。

大人としての自覚や責任、自制や幸せになるための努力を惜しまないことなど、一歩一歩人間としての魅力を培っていくことが大切です。

最近では、共働きを希望する男性も多いので、定職に就くこともポイントといえるかもしれませんね。

女性として見られなくなったとき

一番は、これかもしれません。

彼女を女性として見るには心の距離も大切です。

お付き合いしているなら、心のなかまで満たしてくれる彼女との触れ合いは特別なものですよね。

それだけに女性として見られなくなったということは、心から満足を感じられなくなっている状態であるため、別れの二文字がよぎります。

そうならないためには、「彼氏だから」と油断しないことが大切。

魅力的に見てもらいたいと願い、努力や工夫を怠らないようにしましょう。

コミュニケーションを取るために、自分の感じていることをたくさん伝えるのも、大切な要素のひとつですよ。

束縛がひどくなったとき

ちょっとした嫉妬やワガママなどを、嬉しく感じる男性は多いもの。

とはいえそう思うのは、付き合いたての頃だけかもしれません。

ましてや、付き合いが長くなるごとに、束縛がキツくなるとなれば、解放されたいという思いが強くなってしまうことも……。

自分の「こうしてほしい」という希望や、「してほしくないこと」を話し合うのは大切なことですが、一方的な要求や不満、誹謗中傷にならないよう要注意。

束縛したいなら、かわいく見えるか否かが境界線です。

相手の気持ちを考えて、伝えていきましょう。

頻繁に注意されたとき

まるでお母さんのように、「アレはダメ!」「なにしてるの!」「どうして〇〇できないの!」と、注意されるのに耐えられないと、別れを考えてしまうという方も。

一緒にいたいのは、リードに繋ぎあちこち引っ張りまわす飼い主ではなく、歩幅を合わせて歩いてくれる優しい女性です。

彼を大切に思っているからこそ、「私がちゃんと面倒見てあげなくちゃ!」と思ってしまうかもしれませんが、一番大切なのは、彼がどう感じているか。

いい加減なところがある彼氏を、無理に「自慢の彼氏」に矯正しようとすると、いい結果に繋がりません。

愛情は、人を変える力にもなります。

愛情をもって、自分が彼にしてあげられることを行い、愛しているがゆえの願いを伝えていきましょう。

彼自身が、自分で変わってくれるのを待つのも愛情のひとつですよ。

小さな積み重ねが別れの原因に…

浮気でもしない限り、たった一度のなにかで別れを考えることはまれです。

たいていは、なにか複数の不満が積み重なって、別れを考えてしまうもの。

彼がどう感じているかを日々考えていけば、きっと、長続きしていける関係を築けるのではないでしょうか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)