メールのやり取りでの印象がよかったから、デートすることになった彼。いざ当日を迎えて一日をいっしょに過ごした結果、何となく「合わなそうだなあ」と感じとき皆さんはどうしますか?

数時間会っただけで相手のすべてを知ったわけではないのでしょうが、それでもデートを通じて何か引っかかるものがあったのも事実。今後どのように付き合っていくかを、よくよく考えたいものです。

今回は「初デートで『彼と合わないかも……』と思ったとき、どうする?」を紹介します。

初デートで「彼と合わないかも…」と思ったとき、どうする?

初回で合わないなら、それっきりにする

人間の第六感って意外と当たるものだったりしますよね。初回で「何か違うな」と思った場合、結局数を重ねたところで「やっぱり違ったな……」となってしまうことも多いみたいです。

確かに、発展の見込みが薄い人と3回会うよりも、違う人3人と会ったほうがよい出会いに当たる可能性は高くなるかもしれません。

自分の判断を信じてどんどん次に進む、思い切りのよさも大切でしょう。

あとから好きになる可能性を信じる

学生時代を振り返ってみてください。同じクラスだった男友達のことを最初は何とも思っていなかったのに、月日が経つにつれてだんだん好きになっていた……なんてことはありませんでしたか。

高校3年生になって「あの子とあの子付き合ったの?いまさらじゃない……?」というように、月日を重ねていくごとにお互いの魅力に気づくということは実際にありえるでしょう。

なので初回で「生理的に無理だった」とか「この人とは絶対に発展しない」と思わない限りは、数を重ねて会ってみるのもありかもしれません。

2回目のデートで結論を出す

2回目のデートで結論を出す

「とりあえず、もう絶対無理!」という場合を除くと、「2回目までは会って様子を見る」というものが無難な対応かもしれません。

やはり1回目はお互い緊張をして自分を出せなかったり、まだお互いの事を知らないから盛り上がる会話ができなかったりと、相手が本領発揮できない可能性は大きいです。

2回目であればこの辺りは少し改善されて、多少は本当の彼を見ることができるかもしれません。

何回も会うのは大変ですが、2回くらいであれば結局違ったとしても労力は少なく済むでしょう。

初回で「いい!」と思った相手でも…

初デートで「ものすごくいい感じ!」と思った場合でも、付き合うかどうかの判断は2~3回目以降にするのがおすすめです。

「相手をしっかり見極める」という意味では、やはり1回会っただけだと難しいもの。相手としっかりいっしょに時間を過ごして、お互いのことを知っていきましょう。

(愛カツ編集部)