久々にできた彼氏は、とても可愛い年下の男の子。

毎日幸せだけど、彼のことを狙っている同年代の女性もチラホラ……。

そんなお悩みを抱えている女性もいるかも。

そこで今回は、年下の彼を魅了するテクニックを3つご紹介します。

年下の男性を自分好みに!彼を魅了するテクニック3選

リスペクトの気持ちを伝える

「今の彼氏は会社の部下。結構叱ったり厳しくしたりすることもあるんだけど、褒めるべきところはしっかりと褒め、尊敬できる部分は『尊敬している』と素直に伝えるようにしています。

自信をつけてもらえる女性のことは、男性は絶対に手放したくないはず。彼も『あなたが褒めてくれたり、僕のいいところを教えてくれたりしてくれるから、なんでも自信を持ってできるようになった』と言ってくれています」(34歳女性/メーカー勤務)

しっかりと「ご褒美」をあげることも忘れずに。

ここでいうご褒美とは、「男としての自信をつけさせてあげること」。

年下や同級生に「尊敬してる」と言われるより、年上女性に「尊敬している」と言われる方が、嬉しいはず。

ちょっとした一言で、簡単に男のプライドをくすぐることができる、これって年上女性のメリットでしょう。

好きを伝えすぎずクールに

「年下の男の子って、年上に『好きだ』『可愛い』と言われ続けると調子に乗るタイプが多い。だからあえて、『好き』とは伝えず、クールにふるまうのがおすすめ。

男は追えば逃げる、逃げれば追う生き物。『俺のこと子ども扱いしやがって。見返してやる!』なんて相手が必死になりますよ」(32歳女性/貿易会社勤務)

あまり「好き」を表に出し過ぎると、「俺にベタぼれだから、ちょっとくらい遊んでも許してくれるはず」なんてなめられてしまうことも。

まずはしっかりと主従関係を作っておくことが大事でしょう。

彼を自分色に染める

「たとえば、彼がまったく知らなかった彼が好きそうな映画を一緒に見る、『この本、あなたのためになるよ』と本をプレゼントする、いつものテイストとはまったく違うコーディネートをしてあげるなど……。

いわば彼を『トータルプロデュース』してあげるんです。彼も自分自身でまったく気付かなかった新たな自分を発見できる喜びを感じるみたい。私は私で、彼を好みの男性に育てる喜びを感じてるんですけどね(笑)」(36歳/金融業)

年上女性と付き合ううまみを徹底的に教えてあげて、年下女性、同年代女性と付き合っても物足りなさを感じさせるのもアリ。

彼に新しい世界を見せてあげる、新しい可能性、新しい自分を教えてあげる……。

2人の世界がマンネリ知らずにもなり、一石二鳥です。

自分と付き合うメリットを感じてもらう

「若い子には負けそう……」なんて最初からあきらめてたらダメ。

年上女性だけが持つ魅力、年上女性と付き合うからこそのメリットもたくさんあります。

それらを最大限に生かせたら、彼はあなたから離れられなくなるでしょう。

(愛カツ編集部)