恋愛対象として意識してもらうには、どんなアプローチが効果的なのでしょうか?

ポイントは「彼だけに本心を見せる」ということ!

今回は、「急に恋愛対象として意識し始めるようになった」という男性に、体験談をお聞きしました。

体験談と併せて、どのように実行できるかも確認していきましょう!

好きな彼に、恋愛対象として意識されちゃう!効果的な一言3選

「またお願いしてもいい?」

「職場の先輩は、パソコン操作が大の苦手。『○○ってどうしたらいいの?』と尋ねられたので、丁寧にレクチャーすると、すごく喜んでくれました。

みんなには聞こえないくらいの声で『またお願いしてもいい?』と恥ずかしそうに言ってきたときは、思わずドキッとしてしまいました」(23歳男性/会社員)

男性は苦手なことを手伝ってもらえると、満足感を得ることがあります。

なにかを手伝ってもらったり、助けてもらったりしたときは、感謝を伝えることはもちろんですが、そこに「あなただから嬉しい」という気持ちも添えてみてください。

また、「またお願い」というセリフは、次の機会を期待させる効果があります。

ほかの男性に対してはない、特別な感情を持っていることを予感させることができるでしょう。

「私にだけじゃないの?」

「入社したての頃、仲良くなった先輩に旅行のお土産を渡すことに。お土産は同僚にも同じものをあげていたため、先輩から『え~!わたしにだけじゃなかったんだ~。ショック~!』と言われてしまいました。

冗談だとわかっていても、特別に思ってほしいという気持ちにはドキッとしますね」(24歳男性/会社員)

たとえ冗談であっても、恋愛対象として意識をさせることはできます。

「あなたにだけ」「あなただから」「一緒がいいな」などは、軽く言ってもドキッとさせる効果が期待できるでしょう。

一緒になにかをできるときや、お手伝いをお願いするとき、なにかをしてもらったときなどに使ってみてくださいね。

「わかる……、つらいよね」

「母が病気になり、少しの期間看病が必要でした。そのときは仕事も忙しく、心身共にギリギリだったのですが、女友達が目に涙を浮かべながら『その気持ちわかるよ。自分に限界を感じるときってつらいよね』と気遣ってくれたんです。

その優しい表情に、ギュッと心をつかまれました」(31歳・男性・自営業)

どんなに辛くても自分を強く見せたがる男性もいますが、心から相手に気遣ってもらえると、「そばにいて支えて欲しい」と望むこともあります。

一旦心を開いてしまうと、急展開で恋に落ちることもあるかもしれません。

気になる彼に元気がないときは、「大丈夫?」と声をかけ、話を聞いてあげてくださいね。

小さなアプローチを積み重ねよう

相手に意識してもらうためには、大きな一撃を狙うよりも、小さなアプローチを積み重ねていくことがポイントです。

あなたの言動が気になればなるほどに、恋愛対象として意識されやすくなるので、頃合いを見て告白を狙ってみるのはいかがでしょうか。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)