「女性の恋は上書き保存、男性の恋は別名で保存」という言葉があるように、男性が昔の彼女のことを思い出す瞬間は、女性に比べてやや多めのようです。

大好きな彼が元カノのことを気にしていてイライラしている人も、元カレとの復縁を狙う人も、知っておきたい「男性が元カノを思い出す瞬間」をまとめました。

意外とキッカケは多いみたいなので、ぜひチェックしてください!

あの子今何してるんだろう?男性が元カノを思い出す5つのきっかけ

彼女との喧嘩中

付き合っている彼女にふられた、あるいはケンカしたなどの傷心モードのときに、ふと元カノの顔がちらつく男性は意外と多いみたい。

目の前でキーキー怒っている今カノを前に、元カノの優しく可愛かった面を思い出したり、「あいつだったらこんなときどうしたかな」などと現実逃避してしまう男性は多いようです。

元カノにも今カノと同じくらい、イヤな面や合わない面があるから別れに至ったのですが、現実逃避として心の引き出しから元カノを引っぱりだしてくるのは、男性特有の心の動きかもしれませんね。

元カノの事は忘れない

一度でも付き合った相手は彼らにとっては割といつまでも「特別な女」であり続ける傾向があるようです。

男性は、一度恋愛関係にあった相手のことは、よっぽどひどい喧嘩別れなどでない限り、「いい思い出」として彼らのなかに残っていることが多いみたい。

これは「未練」でも「復縁したい」と言う気持ちでもなく、文字通り交際をした「特別な相手」という認識のようです。

「モテる・愛される」ということは男性の本能で考えると「優れた生き物として認識される」ということでしょう。

自分をそのように認めてくれた女性のことは、ずっと特別な存在として記憶に残り続けるのかもしれませんね。

SNSの投稿

SNSの投稿

LINEやFacebookなどのSNSで、元カノが友だち候補としてサジェストされて、思い出してしまった……というケースは最近多いようです。

相手のスマホに自分の番号が登録されていることで候補として表示されることもあるので、「まだ俺の番号消してないのかな」などとドキドキしてしまうみたい。

女性側の本音としては「別れた相手が何かの理由で電話をしてきたときに間違って出ないため」に元カレの登録を残しているケースも多いでしょう。

そんなこととはつゆ知らず、いい方に解釈してしまうポジティブシンキング派の男性も少なくないようです。

香水の匂い

香りが、思い出をよみがえらせるパワーは絶大でしょう。

ふとかいだ香りのせいで、一瞬にして過去の思い出がよみがえる経験は誰にでもあるはず。

よくあるケースでは元カノと同じ香水の香りで、付き合っていた当時を思い出すことでしょう。

それ以外にも料理の香りや、ドライブ中の車内など、意外なところでも元カノと付き合っていた当時の思い出が浮かんでくることもあるよう。

情緒的な思い出ほど香りと結びつきやすく、また香りは言語化できない分、思い出したときのインパクトが強いらしいですよ……!

その分、いいことも悪いことも記憶に残りやすいから、「香りの思い出=いいもの」とは言い切れないようです。

人伝いに噂を聞いたとき

男性は競争になると血が騒ぐ生き物のようです。

恋人に対しては、自分の評価以外に、周りの人から彼女がどんな風に評価されているのかも気にしてしまうみたい。

共通の知人がいる場合などは、直接ではなくても噂などで元カノの近況を聞くことも多いでしょう。

そんなときに、「仕事でめちゃくちゃ評価されている」「自分よりレベルの高そうな男からモテている」など、自分のことなど忘れてキラキラしている様子を耳にすると「なんで別れちゃったのかなあ」なんて、しんみりしてしまうこともあるのだとか。

過去の恋愛に夢見がちな男性は多い

男性にとっての元カノは、一種のファンタジーのようなもので、ずっと記憶に残り続けているみたいです。

復縁を狙うにしても、はたまた彼の元カノが気になる場合も、「男性は過去の恋愛に夢を見ている」という点を頭に入れた行動が重要になるでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)