一時はスリルのある秘密の関係「不倫」におぼれてしまったものの、結局は後悔しているという女性は少なくありません。

そんな不倫女子の本音についてご紹介していきます。

後悔が大多数!不倫をした女性の「よくある本音」4つ

誰にも相談できず辛い

「最初は誰にも言えない秘密の関係が刺激的でした。
でも、誰にも胸をはって恋人だと紹介できませんし、悩みがあっても相談できなくて、辛かったです……」(28歳女性/事務)

禁断の恋はスリリングな火遊びかもしれません。

しかし、相手の男性となにかあった場合に、相談できないことで事態が泥沼化してしまうこともあります。

このままではマズイかも……と感じたら、批難されることは覚悟の上で誰かに相談したほうがいいでしょう。

社会的信用の失墜

「不倫相手の奥さんに、会社へ不倫の事実を通告されてしまって。
クビにはならなかったものの、周りからの視線に耐えられず退職しました……」(27歳女性/営業)

人事異動だけですめば良いですが、最悪の場合は懲戒免職になるでしょう。

また、社内へ不倫の話が広まってしまえば、社内での働きやすさはもちろん、再就職までが難しくなることも充分考えられます。

また、結婚を希望する相手に不倫をしていた過去がバレてしまえば、お付き合いや婚約を解消されてしまう可能性もおおいにありうるでしょう。

慰謝料の支払いで生活苦に

慰謝料の支払いで生活苦に

「彼との愛を貫く!みたいなことばかりに気を取られていて、慰謝料のことは頭からすっかり抜けていました……。
彼の奥さんから請求が来て、頭が真っ白になりました」(32歳女性/アパレル)

略奪愛は成功したものの、慰謝料や養育費などの支払いが大変で、生活が苦しいというケースは珍しくありません。

慰謝料の金額は、状況や収入に応じて変化します。

そのため、非常に高額になる可能性もあるということを覚えておきましょう。

繰り返される不倫

「彼の離婚が成立して無事結婚できました。
これで幸せになれると思っていたのですが、彼が今度はほかの女性と不倫して……結局離婚しました」(32歳女性/銀行員)

一度不倫をした人はたいてい繰り返すものです。

結婚して幸せになれるケースもゼロではありませんが、今度は自分が不倫をされる立場になることもあり得ます。

必ず幸せになれるとは考えないほうが良いでしょう。

傷を負う前に離れよう

不倫をテーマにしたドラマや音楽が増えている影響か、不倫に関する忌避感が薄れてきたようにも思います。

しかし、実際には不倫したことを後悔する女性がたくさんいるのです。

もし今不倫をしているならば、少しでもダメージが少ないうちに、足を洗うことをおすすめします。

(愛カツ編集部)