難しい方法でなくても、異性にいい印象を残すためにできる工夫を紹介します。

そんなに特別なことをしなくても、少しの意識で簡単に実践できるものも多くありますので、参考にしてみてくださいね。

実践してみよう!手軽に男性に好印象を残すポイント4つ

名前を呼んであげる

合コンや婚活パーティーなどで自己紹介された際は、とにかく名前だけはきちんと覚えておくようにしましょう。

そして、会話するときにはその人の名前を言って呼びかけてあげること。

そうするだけで、自分の存在を認めてもらったと男性は思い、ちょっとした自信に繋がります。

最初からニックネームをつけると馴れ馴れしいと逆効果にもなるかもしれないので、堅苦しいのが嫌な人は「なんて呼べばいいですか」と聞くのもいいでしょう。

その会話をきっかけに、距離感を縮めることができます。

しっかり相手を見つめる

見るという行為は、代表的な愛情表現。

目線一つで彼の気を動かすことが可能なのです。

基本的には、気づいてもらえるように彼のことを見つめ続けること。そして、目が合ったときに彼も思わず見つめ返してくれたら、彼の方にも気があるというサインにもなり得ます。

逆にこちらからすぐに目をそらしてしまうのも効果アリ。

自分に気がありつつも、恥ずかしがり屋なのかなといった解釈をするかもしれません。

一緒に会話をしているときは、直視し続けると違和感があるので、大事な部分で目を合わせることを意識しましょう。

少々あざとい気もしますが、上目遣いで見つめられたら男性は思わずクラクラしてしまうはずです。

ジェスチャーは大げさに

ジェスチャーは大げさに

何かを伝えるときには、身振り手振りで表現した方が相手の印象に残りやすいものです。

女性らしい印象を残すための仕草をいくつか紹介します。

まずは、笑ったときに口元を隠す仕草。

そもそも自分の言動により笑ってくれるだけでも、男性からするとうれしいものですが、口元を隠すことによりかわいらしい表情を演出できる、一石二鳥の行動なのです。

男性が自慢げに自分のことを話しているときは、親身になって聞いてくれる存在が一番。

そんな中でもビックリするような話題を提供されたときには、大げさに驚いたような表情をするくらいが丁度よいです。

「えー」や「知らなかった」や「すごい」などは、男性からすると全て褒め言葉として受け止められます。

優越感に浸ることにより、あなたのこともきっとよく思うようになるでしょう。

適度なボディータッチ

コミュニケーションをとる上で、適度なボディータッチをするのもおすすめ。

そっと肩や二の腕をたたいてあげるようにしましょう。

そうされて嫌がる男性はほとんどいません。

テンションがあがったときに軽くハイタッチすると、さらなる一体感が得られます。

肌の温もりを男性はしっかり覚えているのです。

少し大げさなくらいがちょうどいい

男性は女性が思っているほど鋭くないので、少し大げさに愛情表現した方が、いい印象を残しやすくなります。

ここでご紹介した点を意識して、彼を振り向かせましょう。

(愛カツ編集部)