「どんな女性が好き?」と聞くと、「話していて楽しい子」と答える男性は少なくありません。

でもそんな女性たちは、必ずしも口数が多いわけではないようです。

では、話していて楽しい!と思わせるのは、どんな女性なのでしょうか?

そこで今回は、口下手でもなぜか話すと楽しい、トーク上手な女性たちがおさえている「会話のコツ」を3つご紹介します。

気になる彼との会話に、取り入れてみてくださいね。

話下手でも大丈夫!男性に好印象を与える会話のコツ3つ

「前のめり」に聞く姿勢を見せる

相手の話に食いついてトークをまわす、これはなかなか高度なワザです。

しかし、前のめりに聞く姿勢を見せるだけで、男性には好感を持ってもらいやすいよう。

また彼の手振りを目で追うなども「聞き入ってる」と思わせるのに効果的です。

ただ、「さすが」「すごーい!」など「合コンさしすせそ」のような「合いの手」には要注意!

それは男性に「適当言ってんな」「つまんないのかな」と思わせてしまう原因になってしまうことも……。

「面白い女」がモテるとは限らない

頭の回転が速く、面白エピソードやちょっとの毒を含んだトークを嫌味なく展開させられる女性がいますよね。

そんな女性の周りにはいつも人がいて、みんな楽しそうにしているイメージがあると思います。

でも、みんなに「面白いね!」と言われる女性がモテるとは限りません。

男性に「2人でもっと話したい」と思われる前に「面白い女」認定されると、恋愛対象から外されることも。

毒舌のつもりで悪口を言ったり、下ネタや自分の価値を落としたりして笑いを取るのはNGです。

いっけん興味を持ってもらえているように見えても、好印象を与えるのは難しいと言えるでしょう。

男性に気持ちよく「話させる」

男性に気持ちよく「話させる」

出会ってすぐに、男性からガッツリ興味を持たれることってそう多くありません。

そんなとき、今はまだよく知らない「あなたの話」より、彼が興味を持って話したい「彼自身の話」の方が、彼にとってはるかに楽しい話題です。

あなたが無理に話を盛り上げなくても、自分の話をしている彼は楽しいし、あなたは気になる彼の情報収集ができる。一石二鳥でしょう。

ここで律儀な女性がハマるのが「相手にばかり話させていては悪いかも?」「会話の間が怖い」という落とし穴。

でも彼が気分よく話しているなら、無理に自分から話さなくても大丈夫。

それよりも「話したいことを気持ちよく話させる」ことを意識してみてくださいね。

男性の「話したい欲」を刺激して!

男性は、女性と比べて「自分の話を聞いてほしい」「そのうえで認めてほしい」という願望が強い傾向があります。

その願望を満たしてあげれば、今度は彼が「こんなに楽しい時間をくれる君のことを知りたいな」と考えるはず。

男性の「話したい欲」にきちんと対応することが、好印象を与える会話のコツですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)