気になる人に頑張ってアプローチしているのに、前よりも距離ができたように感じる。

そう感じるなら、間違ったアプローチをしているのかもしれません。

今回は、好かれるつもりが裏目に出てしまうアプローチをご紹介します。

自分のアプローチを見直すきっかけにしてくださいね。

まさかの逆効果?好かれるつもりが「裏目に出る」アプローチ

ほめ方がよくない

アプローチがうまくいかない人は、ほめようとして失敗することが多いです。

たとえば、上から目線でほめていたり、嫌味が入ったほめになっていたりなど。

たとえ悪気はなかったとしても、言われた男性は「バカにされている」と感じてしまいます。

好きにさせるどころか、イメージダウンにつながってしまうのです。

「さすが」や「上手ですね」は上から目線に聞こえますし、「先輩に比べると面白い」のような発言は嫌味に感じる人もいるかもしれません。

言葉の選び方には十分気をつけて、他人との比較や余計な付け足しはしないことがおすすめです。

いいほめ方とは?

相手をほめるときは、直接的なほめ言葉を言うよりも、驚きと感謝の言葉を伝えたほうがいいでしょう。

たとえば、好きな人の長所に「すごい!」と驚いたり、彼のちょっとした言動に「ありがとう」と感謝の言葉を述べたりするのがおすすめです。

とはいえ、「すごい」「ありがとう」だけを連発されても彼は聞いていて疲れてしまうので、使う頻度はよく考えてくださいね。

重くなりすぎず、軽くあしらうわけでもない、自分と相手の温度感に合った「ありがとう」が言えると好感度がアップします。

謙遜が下手である

謙遜が下手である

アプローチがうまくできない女性は、「私なんてかわいくないから」「私は全然痩せてないし」のような発言をすることがあるはずです。

ただ、実際には顔立ちが整っていたり、それほど太っていなかったりすれば、言われた側は返答に困ります。

本人は謙遜のつもりかもしれませんが、このコミュニケーションは相手に気を遣わせるうえに、一方的に聞こえてしまうのです。

ほとんどの男性は、「そんなことないよ」と返します。

ただ、フォローのリアクションを暗に求めることになるので、好感を与えることはないでしょう。

フォローを必要とする発言を面倒くさく感じる男性は、非常に多いです。

こうした謙遜をするくらいなら、堂々と「顔には自信がある」と自慢したほうが、まだいいかもしれませんよ。

彼の気持ちを想像してみよう

アプローチがうまくできない人は、相手の気持ちを理解できていないケースが多いです。

大切なのは「自分が何を言うか?」ではなく、「彼はどういう発言を喜んでくれるだろう?」のように相手目線で考えること。

そのためには、彼をとことん観察して分析する必要があります。

それができれば、今まで以上に好きな人との距離を詰めやすくなりますよ。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)