マッチングアプリでトークが盛り上がり、デートに誘われたとき。

「行きたいのは山々だけど、危ない人だったらどうしよう」と不安を感じることもあるでしょう。

そこで今回は、マッチングアプリで初めてデートする際に気を付けるべきことをご紹介します。

マッチングアプリで初めてのデート!気を付けるべき4つのことって?

できるだけ1対1で会うことを避ける

マッチングアプリを介して初めて会う場合、極力1対1で会うのは避けた方がいいかもしれません。

デートに誘われたとき、「もう1人友達連れてくるから、誰か誘ってくれませんか?」と返事をするのもひとつの手。

友達と一緒であれば、危険な目に合う可能性は低くなるはずだからです。

また、複数人で会う提案をしたのにも関わらず、執拗に1対1を望んでくるようなら要注意。

よからぬ欲望を抱いているとか、連れていける友達がいないとか……何かしらの裏があるかも。

そういった男性には、とにかく会うのをやめておきましょう。

デートはランチタイムに

1回目はランチデートにするのも相手の本質を探れる機会になるでしょう。

ディナーデートだと、お酒の力や成り行きで体の関係になる可能性も。

もちろん、お酒が入ることで打ち解けて、話が盛り上がるというメリットもあります。

ただ、リスクを考えると、やはりランチデートの方が安心だと言えます。

また、ランチを通して話が盛り上がれば「今度は夜に食事にいきましょう!」「ゆっくりデートしませんか?」と自然と段階を踏めるはずですよ。

22時ごろには解散する

22時ごろには解散す

初めて会うのが、夜の時間帯になることもあるかもしれません。

もし、1対1で食事に行く場合は、早めに解散しましょう。

たとえば、スタートが夜7時か8時の間くらいと想定すると、22時台には解散したいところ。

男性からは、「もう一軒どう?」とハシゴのお誘いを受けるかもしれませんが、1回目は、お断りをして家路につくべき。

なぜなら、遅い時間まで突入すると、終電が無くなって、体の関係を迫られる場合があるから。

また、マッチングアプリという媒介を通して会うからこそ、相手に「私は軽くないわよ」という予防線は張っておきたいものです。

一夜限りの関係は避ける

マッチングアプリを通しての出会いには、仕事や友人といったコミュニティのしがらみがありませんよね。

そのため、残念ながら「一夜限りの関係」を狙う男性も多いようです。

アプリを通しての出会いだからこそ、紳士的な対応を取ってくれる人を探しましょう。

1回目のデートは相手を見極める機会

マッチングアプリで知り合った人と会う場合、初回のデートでの警戒心を忘れないで。

アプリ上では、嘘のプロフィールを設定するなんてことも考えられます。

1回目のデートは、相手の本質を見極められる絶好の機会ですので、慎重に行動してくださいね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)

【ほかにも】マッチングアプリを使う注意点