いつの間にか、当たり前にしていた気遣いを「慣れ」が原因でしなくなってしまうカップルも多いです。

そうすると、ケンカに発展してしまう場合も。

ですが、たくさんのケンカを繰り返したって、上手に乗り越えて長続きするカップルがいるのも事実。

今回は、長続きする仲良しカップルの「ケンカの仕方」をご紹介します。

後腐れのなさがポイント!仲良しカップルの「ケンカの仕方」って?

ケンカの目的を「相互理解」に置く

カップルがケンカをするのは、自分を理解してほしいという気持ちの表れかも。

さらに、「分かってくれない人」や「分かってもらわなくても良い人」に対して自分の考えや感情を露わにしないですよね。

どうでもいい相手ではないからこそ、労力を使ってまでケンカに時間を割くのです。

ストレートに気持ちを伝えて、お互いを理解をしあえるといいですよね。

ケンカを「別れ」に結び付けない

「今、彼氏とケンカしてるんだよね」と言うと、「別れちゃえば良いじゃん」とすぐに言う友達っていませんか?

ですが、ケンカをすぐに「別れ」に結び付けてしまうのはもったいないです。

どんなにケンカが激しくても、彼のことを信じる余地があるのなら自分が納得するまで愛してみましょう。

自分の好きな人くらいは自分で決めましょう。

「ケンカをたくさんする」=「別れやすいカップル」だとは限らないですよ。

一呼吸置ける「逃げ場」がある

ケンカをしたときの時間の使い方はとっても大切。

一呼吸おいて、恋愛や相手との距離をとることで、ケンカを客観的にとらえることができます。

お互いに大事にしている趣味や仲間がいるのであれば、一度そっちに意識を向けてしまいましょう。

いい気分転換をしたり、第三者からの意見をもらったりすることで、気持ちの切り替えをできるはず。

お互いに「向き合う」ために、お互いから「逃げる」ことができるカップルは強いですよ。

ケンカを引きずらない

ケンカした後、少なからず気まずさが残る場合もあります。

たとえば、ケンカ後に仲直りをしたのに気まずさが残って疎遠になってしまった友達っていませんか?

これは、恋人同士でも言えること。

ケンカをして、気まずさを拭いきれなかったがために別れてしまうパターンもあるでしょう。

だからこそ、激しいケンカの後であっても普通のデートを楽しんだり、元の関係に戻れるならば長続きできるカップルだと言えるでしょう。

あと腐れせずに付き合っていけるパートナーは、この先も何があってもそばにいてくれるはずですよ。

ケンカが「別れの引き金」とは言い切れない

ひとくちにケンカといっても、様々なケンカがあります。

嫌なことをされているのに受け入れてしまったり、相手が怖くて何も主張できなかったりする関係は対等とはいえません。

そのような関係性でのケンカは単に別れの要因になりますが、もともと二人の関係をしっかり気づけている間柄であれば、ケンカは必ずしもマイナスにはならないのです。

ケンカをするくらい大事になってから分かる気づきもあるでしょう。

その気づきを二人の関係に生かすかどうか、「ケンカにも疲れたな」と思ったら、彼とのこれまでの時間を見直してみるといいですね。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)