送る相手によって、男性のLINEの内容や返信の仕方は、大きく変わってくるものです。

どういった返信をしてくるのかによって、あなたに好意を抱いているのかどうかも、見極めることができます。

そこで今回は、「好きな女性」と「興味のない女性」に送るLINEの違いを紹介します。

男性が「本命女性」と「興味のない女性」に送るLINEの違い

「スタンプのみ」で済ませる

「返信するのがめんどくさい相手のときは、もうスタンプだけで話を終わらせちゃいます。無視はできないけど返信が面倒なときには、それが1番かなって」(27歳男性/アパレル販売)

好きな女性とのLINEであったら、会話の内容がどういったものであれ、男性はとにかくうれしいはず。

たとえ興味のない話であっても、適当には答えずにきちんとした返信をして、やり取りを続けようとするでしょう。

そういった素振りが全くなく、しかもスタンプのみでの返信をしてくる男性は、そもそもあなたと話す気がない可能性が高いですよ。

長文に「ひとこと」で返す

「とくになんとも思っていない女性から長い文章が送られてきても、はっきり言ってしまうとちゃんと読む気にはなれません。なので、返事も適当な感じになっちゃいます」(31歳男性/WEBデザイナー)

いろいろと話したいことがあって頑張って長文を打っても、「そうなんだ」とか「わかった」などとひとことしか返信がこなかった場合、その男性はあなたに関心がないのかも。

好きな女性から長文メッセージが送られてきたら、それに見合うようなきちんとした返信をしようと思うはずです。

真剣な内容であったり、相談や悩みを打ち明けたりしても、簡単な返信しかこないのであれば、あなたに向き合おうという気持ちがないのでしょう。

「自分から」メッセージを送る

「好きな女性には自分からLINEを送ってしまいますね。送りすぎかなと思っちゃうこともあるんですが、我慢できないんですよね……」(30歳男性/歯科医)

適度にやり取りはしていても、いつもあなたからしかLINEを送っていないのであれば、ただあなたに合わせているだけなのかも。

逆に、男性のほうからメッセージを送ってくることが多い場合は、あなたに好意を抱いている可能性が高いです。

とくに用件があるわけではないのに、あれこれと理由をつけてLINEをしてくる男性は、とにかくあなたと話したくて仕方がないという心境なのでしょう。

「社交辞令」で終わらない

「相手が気になる女性だったら、社交辞令とかじゃなくちゃんと誘いますね。なんとかしてデートまでこぎつけようと頑張りますよ」(29歳男性/整体師)

会話をしているときに、「今度飲みに行きましょう」とか「落ち着いたらご飯でも行きましょう」といったやり取りをするのはよくあること。

社交辞令のセリフであるケースが多いでしょうが、そのままで終わらずに男性が具体的に踏み込んできた場合は、本当にあなたと食事に行きたいのでしょう。

「じゃあ、来週とかどうですか?」と、逆にあなたのほうから思いきって踏み込んでみるのも、ふたりの関係性を深めるきっかけになるかもしれませんよ。

彼とのLINEを見返してみて

LINEでのやり取りのなかで、あなたと話したいという思いを感じるのかどうかが、結局は1番のポイントになります。

ちゃんと相手の男性の状況や気持ちも考えながらLINEを送るようにすると、あなたの印象も変わってくるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)