「なにかと気を使いがちな私より、なんだかワガママ放題に見えるあの子の方がモテてる気がする……」そう感じた経験がある方もいるでしょう。

もしかすると、ただのワガママ放題というわけではなく「甘え上手」なのかもしれません。

そこで今回は、「甘え上手」な女性のポイントを見ていきましょう。

甘え上手な女性はモテる!彼の愛をもっと深める3つのポイント

2人きりになったときだけ甘える

照れ屋な女性におススメしたいのが「彼と2人きりになったときだけ甘えること」です。

人前ではさっぱりした態度なのに、2人になったら甘えてくるのは、男性が女性にギャップを感じる定番のシチュエーションといえるでしょう。

2人になったら必ずでもいいですし、たまに甘えん坊になる……というのも男性としてはときめくのだとか。

男性は、人目を気にせずベタベタしたがる女性のことを「空気が読めない」と感じることもあるようです。

それでは友達にも紹介しにくいでしょうし、本命候補には厳しいという声もあるみたい。

オフィシャルな場と2人のときの態度にメリハリをつけることは、「可愛い」と思われる以上にメリットのあることかもしれません。

彼の得意分野で甘えてみる

気配りは得意だけど甘えるのは苦手というひともいるでしょう。

いつも彼に対して気を使ってしまう……。

そんなしっかり者の女性は「彼の得意なことで甘えてみる」のがポイント。

彼の得意分野や自信のあることを狙って、頼ってみましょう。

力仕事はもちろん、アウトドアや自転車、パソコンなどの男性ならではの知識や、趣味の分野で頼るのも男性のプライドを満たせる甘え方といえるはず。

「ほんとに甘えていいの……?」と疑心暗鬼になる女性もいるかもしれません。

得意分野を見極めて彼の長所をアピールする機会を与えることは、甘えというかむしろサービスといえるので大丈夫。

男性は頼られる楽しさを覚えると、得意分野じゃなくても頼らせてくれるようになることもあるみたい。

「いいよ、こんなの悪いし……」より「やってほしいな」のほうが断然可愛いですし、それが自分の得意分野なら喜ばない男性はいないはず。

ワガママな甘え方は避けよう

「私って甘えるのが下手だなあ……」という人は「勇気を出して甘えて、彼に嫌がられたらどうしよう」と甘えるのをためらってしまう傾向があるようです。

甘え上手になるためにまず知るべきことは、男性に不評なNGパターンの甘え方でしょう。

地雷を踏まない自信があれば、もっと気軽に彼に甘えられるはず。

人にもよりますが、男性がNGに思うことの1つが「人前で甘えられること」みたい。

「甘えられてても、男の方が尻に敷かれているように見える」「とにかくみっともないし恥ずかしい」と、シャイな男性には不評のようです。

「夜中なのに今すぐ会いたいとか言う」「仕事が忙しいだけなのにすぐ浮気って騒ぐ」などの無理難題な甘え方もやめておきましょう。

空気すら読まない感じの甘え方を嬉しいと思う男性もごく少数いるようですが、基本的には避けておいた方がいい態度かもしれませんね。

甘えることに罪悪感を持たないでOK!

甘えベタさんは、甘えることに罪悪感を持ってしまいがち。

ですが、空気を読んだ甘え方は男性にとってはむしろサービスといえるでしょう。

思い切ってやってみれば、もっと彼の笑顔が見られるかもしれませんよ。

(中野亜希/愛カツライター)

(愛カツ編集部)