コンプレックスが原因で、「どうせ自分なんて……」と恋愛に消極的になっていませんか?

女性目線では気になるコンプレックスでも、じつは男性的には全く問題ない!ということも多いんです。

そこで今回は、男性が意外と気にしていない「女性のコンプレックス」についてご紹介します。

実際の男性意見をヒントに、コンプレックスについて考えてみてくださいね。

意外と、「大丈夫」なはずですよ。

直さなくても大丈夫!男性目線だと全然気にならない「女性のコンプレックス」3選

オタクであること

いまは一億総オタクといわれるくらいに「オタク」という言葉が一般的に浸透しています。

ですが、まだまだそれをカミングアウトするには勇気がいる、という女性の方も少なくありません。

しかし、男性からはこんな好意的な意見が。

「彼女はアイドルの熱狂的なオタク。ライブがあれば全国どこへでも行くし、ファン同士の情報交換でいつも忙しいみたい。

でも、熱中できるものをもってる彼女はとても楽しそう。それで仕事もがんばってるし、俺的には全然OKです」(26歳男性/自営業)

イケメンアイドルが好きだと男性に知られると、引かれそう……。と打ち明けられずにいる女性もいるかもしれません。

なんであれ、熱中できる何かを持っている人は生き生きとしています。

そんな明るい雰囲気に、男性も惹かれるものを感じるのかも。自分の好きなものを恥じる必要はありません。

ちょっと勇気が必要かもしれませんが、「私はこれが好きなの!」と打ち明けてみてくださいね。

体型

「彼女は一般的に言うぽっちゃりタイプ。昔は彼女もそれを気にして病んだ時期があったらしいけど、今ではインスタでぽっちゃりさん向けのコーデを発信して、ちょっとした有名人。

彼女のポジティブなところは尊敬しているし大好き」(25歳男性/工業デザイナー)

多くの女性が、自分の体型をコンプレックスに思っているのかもしれません。

男性でも自分の体型にコンプレックスをもつ人は少なくありません。しかし、相手がどう思うかはまた別の話。

自分自身のことをネガティブに捉えている姿こそ、男性には残念に映ってしまいがちです。

どんな体型でも、自分を愛せている人は素敵に見えます。

まずは、今の自分を否定するクセをやめてみましょう。

交際経験がない

男性との交際経験がないと、何かモテない理由があるんじゃないかと変な目で見られそうと思ってしまいがちですよね。

「彼女は俺とつき合う24歳まで、交際経験がなかったそう。彼女的にはコンプレックスだったらしいけど、俺的にはすごく嬉しいことでした。

あんな素敵な人の初彼氏になれて、俺は幸せです」(27歳/医療機関勤務)

こちらの意見にあるように、意外にも、男性的には「初めての彼氏になれてラッキー!」という感じなのだとか。

好きな人が自分以外とつき合ったことがないというのは、確かに嬉しいことですよね。

これはコンプレックスというより、見方によっては強みとも言えるかもしれません。

あまり自分を否定しすぎないこと!

人からどう見られるかを気にしすぎると、何も身動きがとれなくなりますよね。

コンプレックスは誰でももっているものですが、あまりにそれを卑下したり、否定しすぎたりすることはあなたの魅力を大きく下げてしまうこと。

本人的には致命的な欠点に思えても、人から見ると全然気にならないことかもしれません。

闇雲に恐れなくても、どうやら大丈夫な様子。少しずつでもいいので、男性とのやりとりの中で素の自分を出してみましょう。

どんなことでも前向きにとらえたり、話すことができれば、彼にはあなたの魅力として伝わることでしょう。

(愛カツ編集部)