男性との食事デートで、おごってもらうことがあるはず。

そんなときあなたはどんな態度を取っているでしょうか。

「おごってもらって当たり前」という態度を取っていませんか?

今回は男性をキュンとさせる、おごってもらった後の一言を4つご紹介します。

ぜひ実践してみてくださいね。

男性をキュンとさせる「おごってもらった後の一言」4選

次のデートを催促する

「今日行ったお店、また連れて行ってください」と次のデートを催促するような一言。

またあなたとデートがしたいと、好意を自然に伝えることができます。

また男性がお店を考えてくれた場合は、「今日行ったお店に」ということで、お店のチョイスを褒めることも可能。

いい気分にさせることができるでしょう。

しかし「連れて行ってほしい」ばかりでは、おごってもらいたいだけだと思われる可能性も。

「今度は私のおすすめのお店に行きませんか?」と言ってみるなど、バリエーションをもたせることをおすすめします。

お礼の言葉を伝える

基本中の基本ですが、お礼の言葉を丁寧に伝えましょう。

お会計を済ませた後、お辞儀をしながら「ごちそうさまでした」と伝えてみてもいいかも。

礼儀正しい人なんだな、と好印象に映るでしょう。

しかし、かしこまりすぎには注意。距離をとっているように感じさせてしまうかもしれません。

フランクかつ丁寧にお礼の気持ちを伝えるようにしてくださいね。

次はおごらせてほしいと宣言する

女性からの「お礼に次はおごらせてよ」という一言にキュンとする男性は少なくないもの。

食後に時間があれば「お礼にお茶でもご馳走させてください」と言ってみたり、時間がないなら「今度は私がおごりますね」といってみたり。

さりげなくデートに誘うことができますよ。

ちなみに、もしおごらせてほしいと申し出ても、彼が頑なに拒む場合は少し気を付けたほうがいいかも。

プライドが高かったり、こだわりが強かったり、付き合った後苦労する可能性があります。

楽しかったことを伝える

帰り際に「二人でゆっくり話せて嬉しかったです」「今日は本当に楽しかったです」と伝えるのも効果的。

楽しんでくれたことがわかると男性は安心しますし、また誘う自信につながります。

デート後のLINEでお礼とともに伝えるのもいいですね。

お礼の気持ちを伝えよう!

男性にごちそうになったら、しっかりとお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

その際には、「距離をとっている」と思われないカジュアルさも意識してみてください。

あなたへの印象がぐっと良くなる大チャンス!

おごられた後の一言をうまく活用してくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)