一部では、男性と知り合ってから交際に至るまで、「女性からはあまりLINEをしないほうがいい」という風潮があるようです。

理由は、「軽く見られてしまう」から……なのだとか。

ですが、女性から連絡をしなければいけないときだって、ときにはあるはず。

連絡をしなかったことで、せっかくのチャンスをものにできなかったらもったいないですよね!

そこで今回は、「交際前でもあなたから連絡をすべきタイミング」についてご紹介します。

彼も待っているかも…!交際前でも「あなたからLINEをすべき4つのタイミング」

誕生日のお祝いをするとき

今まで連絡なんて来なかったのに、誕生日にお祝いの言葉をもらえたら、誰だって嬉しいはずです。

「日にちを覚えてくれていたんだ」という感動もあるでしょう。

誕生日は、SNSからも入手しやすい情報です。

事前に把握しておいて損はありません。

また、こちらからのお祝いに対して、相手からは喜びの声が返ってくるかと思います。

しかし、それに対しての返信は控えめに。

あくまでさりげなく、いい温度感でお祝いしましょう。

引っ越しや出張で会えなくなるとき

引っ越しや出張などで、今までいた場所から長期離れることになる場合は、あらかじめ連絡しておくべきでしょう。

物理的距離は、心理的距離に直結しやすいです。

もしあなたが報告もなしに、彼の前から去ってしまったとしたら。

その後に彼と疎遠になってしまっても、文句は言えないですよ。

前もって伝えておけば、ある程度はあなたへの関心を持ち続けてくれる可能性は高まりますよ。

また、離れる寂しさから恋心が盛り上がって「会いに行くよ」となることも……!

距離が愛を育んでくれる、なんてことになれば一番いいですよね。

食事をご馳走してもらったとき

食事をご馳走してもらったあとのお礼

男性が、女性の人となりを見極める基準のひとつは、「お礼がしっかりできるか」なのだとか。

確かにこれって、人として最低限できなきゃいけないこととも言えますよね。

恋愛に限らず、礼儀さえしっかりしていれば人から嫌われることはないでしょう。

こういった理由から、食事をご馳走してもらったあとは必ずお礼を言うようにしてください。

その場で言うのはもちろんのこと、帰宅後の連絡も必須です。

連絡先を変えたとき

連絡先を変えたままそれを報告しなければ、相手はもうなす術がなく、諦めるしかないでしょう。

関係を断ち切りたいのであれば絶好の機会かもしれませんが、そうでないのならちゃんと伝えておきましょう。

連絡先を変えたという報告程度であれば、相手も勘違いすることはないはず。

「とりあえず薄っすらと関係を繋げておいて、都合のいいときに使ってやろう」というぐらいの余裕を持って接したほうが、案外うまくいくものかもしれませんね。

うまく駆け引きをしていこう

もちろん、「連絡を取らない」という駆け引きも、関係発展に一役買ってくれるかもしれません。

しかし、連絡しないことに固執しすぎると、取り返しのつかないことになる場合も……。

「連絡を取るポイント」、「少し引くポイント」をきっちり押さえてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)