なんとなくでも「この子は違うかもな」と感じたら、そこから恋愛へは発展していかなくなるはず。

だからこそ、どういう女性に対して男性はそういった思いを抱くのかを、ちゃんと知っておくことは大事です。

そこで今回は、男性が「この子は違うな」と感じる瞬間を紹介します。

付き合えない…男性が「この子は違うな」と感じる瞬間

会話が「嚙み合わない」

「会話がちゃんとできない女性とは、そもそも仲良くなっていきにくいです。合わないなっていう印象にしかならないですね」(31歳男性/メーカー営業)

会話が嚙み合わないと、コミュニケーションがうまく取れないので、親密な関係性にはなりにくいです。

話がちゃんと伝わっている感じがしないと、「もう話していても意味がないな」と男性は思うかも。

表現の仕方に気をつけたり、共感したときにはそれをわかりやすく伝えるようにしたりすると、会話の盛り上がり方は大きく変わってきますよ。

「距離感」を考えない

「ズカズカと踏み込まれると、やめてくれって気持ちになっちゃいます。距離感をちゃんとキープすることは大切だと僕は思うので……」(27歳男性/WEBデザイナー)

好きだからといって、一気に距離感を縮めすぎると、男性には引かれてしまうだけ。

ほどよい距離感を保てる女性に、好感を抱く男性が多いですし、居心地の良さだって感じるものです。

男性がどういったタイプなのかをちゃんと判断して、お互いがストレスを抱かないバランスを意識できると、良好な関係性を築いていけるでしょう。

なにをするにも「マイペースすぎる」

「自分のペースを全く崩さない女性っていますよね。そういう女性とは、一緒にいても楽しくないし、ただただ疲れるだけかも」(30歳男性/システムエンジニア)

つねにマイペースなのは自分らしさがあっていいことですが、相手がいるときにはちょっと考えもの。

誰といても何をするのにもマイペースすぎると、自分のことしか考えていないように思われてしまいます。

ペースがあまりにも合わないと、次第に苦痛に感じるようになるので、そこは多少は調整することも必要でしょう。

「自分」を出せない

「何度か会っても、なんか自分を出せない女性とは、いい感じにもなっていかないですね。そもそも相性みたいなものがよくないんだろうなって思います」(28歳男性/調理師)

自分の素が出せない女性と一緒にいると、心から楽しむことができません。

なんとなく他人行儀な部分がなくならないので、本当の意味で打ち解けるのも難しくなるはず。

まずはあなたのほうから心を開くようにすると、男性も自分を出せるようになるので、本音を素直に見せていくことも大切ですよ。

相手のことを考えた行動が大切

合わないと思われてしまう大きな原因は、相手のことを考えていないケースが多いです。

合わせすぎるのもよくないですが、自分勝手に振る舞ってばかりいると、どんどん距離を置かれてしまいますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)